西洋イワナンテン ルコテー リトルフレーム 2

西洋イワナンテン ルコテー リトルフレーム

西洋イワナンテン ルコテー リトルフレーム 1
冬になると真っ赤に色づきます

● 西洋イワナンテン ルコテー リトルフレームの品種の特徴

ルコテー リトルフレームは、西洋イワナンテンの新しい品種で、秋から冬にかけて新葉が真っ赤に染まるとても美しいイワナンテンです。
葉が細かくコンパクトに育ち、冬に赤く色づく様子はまるでキャンドルの炎のような印象です。お庭や花壇を彩るアクセントにしたり、お気に入りの鉢に植えてオーナメント的に飾ったり、玄関先のウェルカムプランツとしてもおすすめです。
春夏は深いグリーン、秋冬は美しい紅葉と、一年を通して美しいリーフを楽しむことができます。耐暑性・耐寒性に優れ、剪定や消毒の必要がほとんどない、ローメンテナンスで育つ優秀な品種です。オランダのプランタンリウムでは銅賞を受賞しています。

イワナンテンはツツジ科の植物で花が小さく、栽培されているのは、厚く光沢のある常緑の葉をもつセイヨウイワナンテンです。主に枝が弓状に伸びる葉が観賞されます。日陰にも耐え、丈夫で育てやすく、病害虫も少ないため、中型のグラウンドカバーとして利用が広がっています。斑入り品種や矮性品種などカラーリーフとして楽しむことができます。

学名
Leucothoe fontanesiana 'Little Flames' ツツジ科 イワナンテン属
別名
アカナンテン、アメリカナンテン
開花時期
4~5月
花色・大きさ・花形
白、黄・小花
最終樹高
地植え:m ~ 0.5m 鉢植え:m ~ 0.5m (常緑低木)
最終葉張り
m ~ 0.5m 
栽培用途
グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、ボーダー、花壇、生垣、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
成長の早さ
ゆっくり (20cm/年)
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い(-25度)、耐暑性普通、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんど出ない
花言葉
「節制」「若い恋人」「気が多い恋」

西洋イワナンテン|ルコテー リトルフレームの育て方


植え方・用土

水はけの良い、堆肥をよく透きこんだ肥沃な土壌に植えます。
鉢植えの場合は培養土で育ててください。
日当たりと風通しの良い場所を好みますが、少々日陰でも良く育ちます。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

1月ごろに寒肥として有機肥料を与えます。
開花後にお礼肥えとして油粕化成肥料を二握り程度与えます。


剪定方法

あまり行わず、自然な樹形を活かします。2月頃に細い枝や枯れ枝を間引く程度です。


病害虫の予防法

あまり病害虫はつきません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事