スポンサーリンク

●品種の特徴
ラベンダー色を帯びたピンク色の中輪カップ咲き品種。やや深いカップ咲きで、ローズピンクにラベンダーを混ぜたような、深みと可愛らしさのある花です。香りが強く、良い香りがします。枝代わりに『マダム・ピエール・オジェ』がいます。
つるは細く、よく伸びます。シュートがよく発生し、樹形は直立する感じになりますが、枝も細く、節間が長めなので葉はあまり茂らないです。黒点病がつくことがあるので、こまめに観察して早めに消毒してください。

学名
Rosaceae Rosa”La Reine Victoria” バラ科 バラ属
別名
レーヌ=ビクトリア、TheShellRose
作出年・作出者
1872年 (フランス・・Joseph Schwartz)
開花時期
5月~11月 (返り咲き)
花色・大きさ・花形
ピンク・中輪咲き(7cm位)・カップ咲き
香りの強さ
★★★★★ 強香 ダマスクにフルーツ
最終樹高
地植え:m ~ 2m 鉢植え:m ~ 2m (耐寒性落葉低木)
最終葉張り
シュラブ性
栽培用途
花壇、鉢植え、フェンス、ポール、トレリス、アーチ、オベリスク など
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、耐陰性やや弱い、
耐寒性普通、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:普通 害虫:普通につく
芽吹き時期
3~4月頃
トゲの大きさ
1cm
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事