● タニウツギの品種の特徴

タニウツギは、きれいなピンクの花がラッパ状にシダレ咲くのが最大の特徴です。
大株に育てると、その景観は大変素晴らしく魅了されます。新緑の中で咲くピンクの花はひときわ映えて見えます。
ピンクと緑の色どりが美しく、お庭の片隅でもパッと明るくしてくれる品種です。
別名:谷空木、田植え花、たにうつぎ

タニウツギは本州の日本海側に分布し、和名の由来は谷などに多く自生していることによります。花は紅色から淡紅色で、花冠の先端ほど紅色が薄くなります。
ウツギと名はつけられていますが、ノリウツギやウツギ、ミツバウツギとは別の仲間です。若芽は食用になるそうです。

学名
Weigela hortensis スイカズラ科 タニウツギ属
別名
谷空木、田植え花、たにうつぎ
開花時期
5~6月
花色・大きさ・花形
ピンク~淡ピンク・小花(2cm位)・漏斗型の小花が房状に付く
最終樹高
地植え:2m ~ 3m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉低木)
栽培用途
庭植え、鉢植え、生垣、盆栽など
成長の早さ
早い (60cm/年)
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性普通
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:普通
花言葉
謙虚、古風、風情、秘密

“タニウツギ”の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは10月~入梅までに行います。日当たり、水はけの良い肥沃な土壌に植えます。日陰にも強い木です。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。
鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。


肥料のやり方

庭植えではほとんど肥料は必要ありません。2月ごろに寒肥として油かす腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

前年生長枝に花を咲かせますので、むやみに剪定できません。しかし、放任すると樹形が乱れるので、3~4年に1度地際から20~30cmで切り戻しをし、株を更新します。


病害虫の予防法

病害虫はあまり心配いりません。アブラムシがつくことがありますが、発生したら消毒します。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事