●品種の特徴。
中国原産の常緑低木で、江戸時代に渡来し、根の肥大した部分が胃薬になるということで、昔から薬用植物として利用されてきました。現在も漢方で健胃薬として使用されている「烏薬」は、このテンダイウヤクから根を乾燥させたものです。薬木としても親しまれてきましたが、丸く光沢があり、葉脈が美しく、観賞用としても植栽されてきた常緑低木樹です。3月~4月には黄色い小さな花を咲かせます。
自然樹形のままでも綺麗な樹形を保つので、手間も少なく、シンボルツリーとしてもお庭を涼やかな雰囲気にしてれます。

●苗木の形状。
商品は株立ちの根巻き苗です。根巻き部分含め高さ約0.9m前後です。常緑性ですが、冬は寒さで葉が黄色くなったり、葉の量が少なくなることがあります。今後の生育には問題ありませんので、ご安心くださいませ。根を巻いている麻布は外さずに、そのまま植えてあげてください。地中で分解されてなくなります。
こちらの商品は1梱包に2本まで同梱可能です。

学名
Lindera strychnifolia クスノキ科 クロモジ属
開花時期
3~4月ごろ
植栽適地
南関東~九州 ※寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします。
最終樹高 / 最終葉張り

2~4m前後 / 2~4m前後 常緑低木

栽培用途
鉢植え、記念樹、シンボルツリー、花壇、目隠し、学校、公園、ゴルフ場
育てやすさ
樹勢強、耐暑性強、日陰に強い、萌芽力強い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事