種の特徴
銅(赤)葉系品種。コルジリネのなかでも比較的耐寒性が強いと言われる「ドラセナ」。欧米ではロックガーデンやテラコッタの寄せ植えなど、中心的植物として人気の植物です。冬は室内管理が無難ですが、寒さには強く、霜や強い北風に当たらない場所では戸外にて越冬が可能です。当店売場で売れ残った木は雪をかぶっても越冬しました。葉は寒さで灰色になり凍傷になりました。古い葉は取り除くと春から新しい葉が生えて生え変わります。細い葉がエキゾチックな雰囲気を作りだし、これひとつで空間がガラリと生まれ変わりますよ。
●苗木の形状
商品は高さ0.7m位のポット苗です。1梱包6本まで同梱可能です。

学名 Cordyline リュウゼツラン科
※コルディリネはコルディリネ属かドラセナ属なのか、まだはっきりと答えがわかりません。学名もCordyline indivisaとCordyline australisと資料によって記載のされ方が異なっています。
最終樹高 1~2m ( 常緑低木 )
成長の早さ 遅い
(0.2m/年)
植栽適地 南関東~沖縄
( 温暖な地域 )
育てやすさ 耐暑性強、耐病性強、耐乾性強



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事