ニレケヤキ 散斑 2
大きく育てることも可能です。冬は独特な木肌が魅力の寒樹姿を楽しめます。

ニレケヤキ 散斑 3
こちらは斑なしのニレケヤキ。盆栽仕立てや箱庭仕立ても楽しそう。

● ニレケヤキ 散斑の品種の特徴

ニレケヤキの中でも葉に散班が入る美葉品種です。

成長力・萌芽力ともに旺盛でケヤキよりも葉が小さく密に茂る枝がこの樹種の魅力です。盆栽でも定番の品種で、芽出しから夏の新緑、秋は紅葉、冬の寒樹姿など見どころは盛りだくさん。成長が早いため仕立てやすい反面、こまめな剪定が必要。裏を返せばリカバリしやすいので「盆栽初心者」もおすすめです。
年数を重ねるごとに風合いをます木肌も楽しめます。手入れをしただけ答えてくれる木です。

学名
Ulmus parvifolia ニレ科 ケヤキ属
別名
アキニレ
開花時期
4月~5月
最終樹高
地植え:m 鉢植え:m (落葉高木)
最終葉張り
枝垂れ樹形
栽培用途
鉢植え・寄せ植え・盆栽・シンボルツリー・街路樹・学校・公園
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:やや強い
花言葉
幸運、長寿

ニレケヤキ|散斑(バラフ)の育て方


植え方・用土

基本的に植え替えは春に目が出る前に行います。日当たりと風通しの良い場所が良いです。鉢で小さく育てる場合は夏は半日陰、冬は風や霜が当たらないように。生育が旺盛なので、小さな苗や小さな鉢で管理している苗は毎年植え替えます。根も良く広がるため、強めに整理してしまっても大丈夫。盆栽仕立ては赤玉土と桐生砂を8:2にするのがおすすめです。


水やり

表面が乾いたらたっぷりと与えます。水をたっぷりと与えると幹が太くなり、控えると成長が遅くなります。


肥料のやり方

春から秋まで、梅雨を避けて毎月1回油粕を少量与えます。


病害虫の予防法

新芽にアブラムシが付くことがあります。


増やし方

挿し木




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事