●品種の特徴
葉の上に果実がなる、不思議な花木です。桜のようにギザギザした葉で、葉の上(主脈の真ん中)に花をつけ、8月~10月ごろに果実を実らせます。雌株には雌花が、雄株に雄花が咲く雌雄異株なので、果実はメスにしかなりません。果実は7~9mmほどで、最初は青く、だんだん黒く艶やかな色になります。まるで、黒い真珠が葉の上に乗ったような神秘的な感じです。果実が面白い雌株も人気ですが、オスの花は活花や茶花で人気です。また、春の若芽は山菜として、果実は甘みがあって食用になります。育っても1~2mと、低く収まる落葉低木です。別名ヨメノナミダとも呼ばれます。

●商品の形状
商品は雌雄の株を3号ポットに混植しております。ポット部分も含め10cm程度の小さい苗です。
商品は小梱包でのお届けが可能です。小梱包に9本まで同梱可能です。


学名
Helwingia japonica ミズキ科ハナイカダ属


開花時期
5~6月頃


最終樹高
1.0~2.0m 前後 落葉低木樹


植栽適地
東北~中国・九州


栽培用途
庭植え、雑木、鉢植え、茶華など


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事