● シチョウゲ 白花の品種の特徴

その名の通り、シチョウゲの白花品種です。常緑樹であるハクチョウゲとはまた別の品種になります。花の形もはっきりと異なり、ハクチョウゲは小さな星のような花を咲かせるのに対し、この「白花」は小さなラッパ型の花をたくさん咲かせます!

「シチョウゲ」は、熊野川と四万十川流域(紀伊半島北部及び高知県)に分布する日本の固有種です。川岸や岩の上など湿った場所を好んで育つため、乾燥に弱く絶滅が危惧されています。基本種の花色が紫色で、形が「丁」字型になるため紫丁花(シチョウゲ)と名づけられました。葉も小さく花も1cm程度と小ぶりなので盆栽や鉢植えにもぴったりの品種です。

学名
Leptodermis pulchella Yatabe アカネ科 シチョウゲ属
別名
紫丁花、イワハギ(岩萩)
開花時期
7~8月
花色・大きさ・花形
白・小輪咲き(1cm位)・一重筒咲き
最終樹高
地植え:0.3m ~ 0.7m 鉢植え:0.3m ~ 0.7m (落葉低木)
栽培用途
地植え、鉢植え、盆栽など
成長の早さ
やや遅い
植栽適地
東海地方~沖縄
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、
耐寒性やや弱い(5度)、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:強い
花言葉
純愛

シチョウゲ(紫丁花)|白花の育て方


植え方・用土

シチョウゲはもともと暖かな地方に自生する植物なので、気温が0度以下に下がる地域は鉢植え栽培をおすすめします。春が一番植え付けに適していますが、水や温度管理さえ行えば年中植え付け可能です。水はけのよい土地を好むため、赤玉土7・砂3の割合の用土に植え付けます。また、日当たりと風通しの良い場所が好きです。
気候さえ合えば病害虫の少ない丈夫な木ですので、地植えもおすすめです。


水やり

水はけの良い土壌を好みつつも、乾燥には強くありません。土の表面が乾いたらたっぷり水をあげてください。


肥料のやり方

追肥は9~10月頃に、油粕や骨粉などの固形肥料を少量与えて下さい。


剪定方法

徒長枝は適宜剪定します。そうすることで花芽がつきやすい短い枝がでます。


病害虫の予防法

あまり病害虫は出ません。


増やし方

丈夫な木で挿し木や実生で簡単に増やせます。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事