g src="https://image.rakuten.co.jp/hana-online/cabinet/06428277/sm7560_450.jpg" alt="" width="100%" />

●コマユミ「フクリン斑」の特徴

葉に白覆輪斑が入る品種です。

「コマユミ」の紅葉の美しさはモミジにも劣らないと言われています。紅葉の始まりが早いのが特徴で、早い場所では8月から色付き始めることもあるようです。花後に付く赤い実も可愛らしく、実の付く季節から紅葉まで長く鑑賞できます。 名前の由来は「小さなマユミ」ですが、花や実など特徴はニシキギに似ています。病害虫にも強く丈夫で育てやすい植物です。

●苗木の形状
商品は3.5号程度のポット苗です。ポット部分も含め約0.2m前後くらいです。この商品は小梱包でのお届けとなります。1梱包4本まで同梱できます。

●コマユミ特徴

学名
Euonymus alatus form ciliatodentatus ニシキギ科ニシキギ属
原産地
日本、中国、アジア北東部
別名
山錦木 (ヤマニシキギ)
開花時期 / 結実時期
5~6月頃 / 9~11月頃
最終樹高 / 成長速度
1~3m前後 落葉低木 / やや早い
植栽適地 / 日照条件
日本全国 / 日向~半日陰 ※日向を好む
育てやすさ
初心者におすすめ:強健、病害虫に強い、耐陰性強、耐寒性強、耐暑性強
栽培用途
地植え、鉢植え、盆栽、生垣、シンボルツリーなど



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事