●品種の特徴
タイサンボクは「泰山木」「大山木」と書き、大きな葉、また雄大な樹形からその名がつけられたといわれています。北アメリカ原産のモクレン科の植物で、光沢のある葉とトロピカルな花が魅力です。5~6月頃に白い大きな花を咲かせ、甘い香りを優しく放ちます。
(わい性ではないので花が咲くまでには時間がかかります。)
葉は大きく、表面はつやがありますが、一転、裏側は茶色く小さい毛が密集していて、まるでフェルトを貼り付けたような質感をしていいます。その対照的な葉が、1つの植物とは思えないくらいに表情豊かで、お庭の印象をその時々で変えてくれます。
葉の刈り込みにもよく耐える強い木ですので、定期的に剪定すると庭木にも向きます。さらに、花が咲くまでに時間がかかる分、観葉植物としても楽しめます。

●商品の形状 
苗木は12号サイズのスリット鉢植え大苗です。鉢部分も含めて高さ約1.7m前後くらいです。落葉期、葉は基本的についてませんが、春に芽吹きます。秋~春は葉の生え変わり時期なので葉が黄色くなって落葉しやすいです。
商品は通常梱包1梱包に1本のみとなります。重量の都合上、他の苗木や資材とは同梱できません。※こちらの商品は北海道・沖縄・離島へのお届けができません。


学名
Magnolia grandiflora‘Exmouth' モクレン科モクレン属


開花時期
5~6月頃


最終樹高 / 最終葉張り
2~10m前後 耐寒性常緑高木 / 3~5m前後


植栽適地
東北中部~九州 ※寒冷地では鉢植えでの管理をおすすめします。


育てやすさ
耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、潮風に強い、公害に強い





この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事