●品種の特徴
トウダイグサ科の落葉高木でナンキンハゼの仲間です。名前の由来とものなった白い幹肌が美しく、ツルツルとして触り心地が良いです。また、幹を傷付けたりすると、白い乳液が出ることから別名「白乳木」とも呼ばれます。大きめの葉は、新芽の時はうっすらピンクがかり、徐々にその葉色を変えて、緑を濃くしていきます。初夏には長さ5cm~10cm程度の黄色い花を咲かせます。またナンキンハゼの仲間だけあって、秋の紅葉は真っ赤で美しく、見る人を魅了します。自然樹形で独特な樹形を楽しめます。四季に合わせてその姿を変え、まるで1つの木とは思えない魅力たっぷりのシラキ。シンボルツリーにおすすめの落葉樹です。
そんな希少価値が高く、滅多ににお目にかかれないまさに幻の木が、驚愕の2m特大苗で入荷!重苦しくない、それでいて珍しいシンボルツリーをお探しの方にはピッタリの花木です。

●商品の形状 
苗木は株立ちの根巻き苗です。根巻き部分も含め、高さ2.0m前後くらい。根巻き部分を覆っている麻布は外さずにそのまま植えてください。やがて土に還ります。こちらの商品は地植えでも鉢植えでも栽培が可能です。
1梱包に1本までで他の商品との同梱ができません。
(小梱包でのお届けはできません。また、この商品は西濃運輸でのお届けとなります。北海道、沖縄、離島へのお届けができません。)


学名
Sapium japonicum トウダイグサ科シラキ属


植栽適地
東北~沖縄 ※寒冷地では鉢植えでの管理をおすすめします。


最終樹高
2~7m 落葉高木樹


開花時期
5~7月頃 【11月ごろには果実がつきます】


栽培用途
シンボルツリー、鉢植え、シンボルツリー、記念樹、生垣、目隠し、街路樹など


育てやすさ
耐病性強、樹勢強、成長はやや早い、耐乾性強、病害虫に強い


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事