ユズリハ ユズリハ

● ユズリハの品種の特徴

光沢のある鮮やかな葉を持ちます。若い葉が伸びると古い葉が落ちることから譲り葉といい、「親が成長した子に後を譲る」にたとえて、めでたい木とされ、正月飾りなどでも使われます。
最近の建売住宅とかでも、さりげない場所に時々植えられる職人の思いを込めた1本です。樹勢が強くよく茂るので防風や目隠しにも最適。常緑性の木なので、目隠しや生垣によく使われます。実がなる頃、懐かしい気持ちにさせられます。防火の機能を有する樹種(防火樹)としても知られます。

学名
Daphniphyllum macropodum ユズリハ科 ユズリハ属
最終樹高
地植え:1m ~ 4m 鉢植え:1m ~ 2m (常緑高木)
最終葉張り
2m ~ 2m 半開帳性
栽培用途
花壇、鉢植え、庭木、シンボルツリー、街路樹、目隠し
成長の早さ
普通 (30cm/年)
植栽適地
福島県~九州
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた、耐陰性強い、
耐寒性やや強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんどつかない 害虫:ほとんどつかない
芽吹き時期
4月頃
花言葉
若返り、世代交代、譲渡

縁起が良い ユズリハの育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では12月~2月の極寒期は避けます。
湿り気がありやや粘質の土壌を好みます。日当たりのよい場所が適していますが、耐陰性があり建物の北側など日当たりの悪い場所でも育ちますが、日陰地だとどうしても枝が間延びがちになります。また、乾燥に弱い性質なので、土が乾きやすい土壌や冬に乾いた風が当たる様な場所は適していません。花ひろば堆肥極みで保水力のある用土に土作りをして植えます。


水やり

鉢植えの場合は、春ごろから9月ごろまでは鉢土が乾いたら鉢底から流れ出るくらいたっぷりと与えてください。過湿が苦手なので落葉時期の水の与えすぎに注意です。冬は1週間以上鉢土が乾かないこともあります。
雨が当たる場所に地植えする場合、水は雨水だけで十分です。よほど雨が降らない時期や、乾きやすい場所の場合は土が乾いてきたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

肥料は2月~3月に花ひろば堆肥極みや油かすなどの有機質肥料を多めに施します。やせ地では本来落葉する時期ではないのに葉を落とすことがあります。


剪定方法

ほぼ放任であまり枝を切る必要はありません。枝が間延びした場合やスペースの関係上大きくできない場合は、枝を半分くらいの長さに切り詰め、新しい枝を出させる様にします。枝葉が密生している中にある細かい枝は大きな葉に日が遮られることなどもあり枯れやすいので、早めに枝分かれしている付け根の部分から切り落とし、樹の内部まで風がよく通る様にします。(枝抜き剪定と言います。)剪定の適期は6月下旬から7月上旬、11月中旬から12月です。


病害虫の予防法

病害虫はほとんどつきません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事