ヤマブキ 八重咲 巨大輪 1

● ヤマブキ 八重咲 巨大輪の品種の特徴

八重咲・巨大輪は、一般的なヤマブキの花の大きさが3~4cmであるのに対して、およそ7cmくらいまで大きくなります。大きな花をつける巨大輪の存在感をお楽しみください。

美しい山吹色の花が咲くので『万葉集』にも詠まれるなど、古くから愛されてきた日本原産種の樹木です。
落葉性で耐寒性が強く、極端に乾燥しない日なたから半日陰であれば、育てるのは難しくありません。毎年美しい花を楽しむことができ、シンボルツリーにもぴったりです。八重咲きのものがJapanese roseと呼ばれています。

学名
Kerria japonica f. plena バラ科 ヤマブキ属
開花時期
4~5月
花色・大きさ・花形
黄色・大輪咲き(7cm位)・八重咲き
最終樹高
地植え:1m ~ 1.5m 鉢植え:1m ~ 1.5m (耐寒性落葉低木)
最終葉張り
1.5m ~ 2m 
栽培用途
ボーダー、グランドカバー、鉢植え、盆栽、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園など
植栽適地
北海道南部~沖縄(寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします)
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:半日陰、
耐寒性強い、耐暑性普通
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんどつかない
花言葉
気品、崇高、待ちかねる、金運

ヤマブキ|八重咲 巨大輪の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは、寒冷地の極寒期は避け、9月~入梅までに行います。肥沃な土地を好む日陰の木です。乾燥を嫌うため日向に植える場合は注意が必要です。植え付けの際は堆肥を多めにすきこみ植えます。やや湿気のある場所を好みます。鉢植えでも大丈夫です。


水やり

夏に雨がよほど降らない時期は水を与えますが、雨が当たれば基本的に夏以外の時期は水やりは不要です。鉢植えでは土が乾いたらたっぷり与えてください。冬は水は控えめで大丈夫です。


肥料のやり方

2月に寒肥を株周りに堆肥と油かすなどを多めに埋め込みます。


剪定方法

ヤマブキは株元から元気のいい徒長枝を出し、3~4年経った古い枝から枯れ下がります。世代交代です。剪定は1~2月ごろに行い、枯れこんだ古い枝などを間引くように剪定します。


病害虫の予防法

病害虫はほとんどつきません。


増やし方

株分け、挿し木、種




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事