ミヤママタタビ キュート 1

ミヤママタタビ キュート

ミヤママタタビ キュート 1

● ミヤママタタビ キュートの品種の特徴

ピンク花の一才性品種なので、木が小さいうちから花を楽しめる盆栽向け品種です。残念ながらこちらの商品はオス木なので実はなりません。

マタタビと名前がついていますが、ミヤママタタビには猫は反応しません。マタタビと異なり、葉が白~紅色に染まる美しい品種で、6~7月の花期以外も美葉が鑑賞できます。雄株、雌株、両性株があり、実は果実酒などに利用でき、新芽は山菜として天ぷらやおひたしにできます。

学名
Actinidia kolomikta マタタビ科 マタタビ属
開花時期
6~7月頃
花色・大きさ・花形
ピンク・・一重咲き
収穫時期
8~9月頃
最終樹高
地植え:m ~ 10m 鉢植え:m ~ 2m (耐寒性落葉つる性)
栽培用途
地植え、鉢植え、盆栽、目隠しなど
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性普通
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんどつかない

ミヤママタタビ |キュート ポット苗の育て方


植え方・用土

移植や植え付けは9月~入梅までに行います。半日陰を好む植物なので、特に夏場には強い日光には長時間当たらない場所に植えるか、遮光します。
また、水はけが良い土壌を好みます。赤玉や花ひろば堆肥“極み”や完熟の腐葉土をすきこんで植えます。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所や高温でなければ水やりは必要ありません。夏にひどく乾燥するときは水を与えてください。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

施肥は5~9月に1~2回、有機肥料を株もとにすき込みます。


剪定方法

徒長した枝や、不要な枝を整理する程度にします。
夏に花芽を形成するので、剪定は花後に行います。


病害虫の予防法

特に気になる病害虫はあまりでません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事