マツ 五葉松 【吉沢錦】

● マツ 吉沢錦の品種の特徴

吉沢錦は白蛇の目斑が入る年中美しい五葉松です。
幹質が柔らかく、葉が短い上、成長が緩やかなので盆栽としても人気のある品種です。大きい五葉松はそれだけ価値が高いです。類似品種に「ヒメコマツ」があります。

五葉松はその名の通り、一か所から5本の葉が出るため「五葉松」と呼ばれています。

学名
Pinus parviflora マツ科 マツ属
開花時期
5~6月
収穫時期
10月
果実の用途
松ぼっくりとして楽しめます
自家結実性
雌雄同株
最終樹高
地植え:2m ~ 3m 鉢植え:1m ~ 2m (常緑高木)
栽培用途
鉢植え、盆栽、寄せ植え、シンボルツリー
成長の早さ
遅い
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた、
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:やや強い 害虫:やや強い
花言葉
不老長寿、哀れみ、同情

マツ|五葉松(ごようまつ) 吉沢錦の育て方


植え方・用土

植え付けは10月~入梅までに行えますが、庭植え、鉢植えともに適期は2月から4月中旬です。日当たりを好み、水はけが良ければ土質はあまり選びません。
堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土を盛り土にして植え付けします。盛り土にするのは根が過剰な水分を嫌うためです。鉢植えでも大丈夫です。


水やり

鉢植えや、庭植えでも植えつけてから2年未満の株は、土の表面が乾いたらたっぷり水をやります。庭植えで、植えつけて2年以上たつ株は、特に水やりの必要はありません。※赤松は汚れを嫌うので、水やりの際は葉水できれいに洗い流します。


肥料のやり方

1月ごろに寒肥として油かすや腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り控えめに与えます。


剪定方法

松は大きく分けて年に2回剪定を行います。(植木に仕立てる場合)
【4月~6月 緑芽摘み剪定】
芽が伸びる方向を決めて、秋の剪定を楽にするために行います。
黄色い新芽を根元から折り、芽の付きが悪い枝は根元を2~3cmほど残して折り取ります。茶色く粒上の花芽はきれいに取り除きます。
【10月~翌1月 透かし剪定】
枝の数を減らし幹への日当たりをよくするための剪定です。理想の樹形に整えるための剪定になりますので、ご自分の理想のイメージを膨らませて剪定にあたりましょう。


病害虫の予防法

すす病とアブラムシ、カイガラムシがつきます。発見しだい消毒します。カイガラムシ予防には落葉期にマシン油を1週間おきに散布します。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事