ツノハシバミ 黄金葉 1

ツノハシバミ 黄金葉

● ツノハシバミ 黄金葉の品種の特徴

葉が鮮やかな黄金葉になる美葉品種です。新芽が芽吹く時期が一番美しいです。

北海道~九州まで日本全国の山地に分布する落葉樹です。実にツノ状のものがあることが名前の由来です。ヘーゼルナッツの仲間なので、秋には実がなり、炒めたりして食べることができます。和風のお庭や雑木風のお庭によく合います。

学名
Corylus sieboldiana カバノキ科 ハシバミ属
別名
ナガハシバミ
開花時期
3~4月
花色・大きさ・花形
・穂状花序
収穫時期
9~10月頃
自家結実性
1本でなります。(雌雄同株、雌雄異花です。)
最終樹高
地植え:2m ~ 5m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性落葉低木)
栽培用途
地植え、花壇、果樹畑、庭木、鉢植え、街路樹、公園、盆栽
植栽適地
北海道~九州
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性普通、
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性やや弱い
耐病害虫性
耐病性:ほとんどつかない 害虫:ほとんどつかない

ツノハシバミ 黄金葉の育て方


植え方・用土

秋~入梅ちょっと過ぎくらいまでに植え付けします。目安は12~3月頃です。寒い所や鉢植えでは3月をオススメします。
葉が芽吹いた後に植え付けする場合は、根を崩さないように植えてください。


春の植え付け方法

日向であれば土質を選ばずに育ちますが、肥沃で水はけの良い肥沃な土壌を好みます。乾燥は苦手なので、腐葉土を多めにしていただき、保湿性の良い用土に植えていただくと良いです。


水やり

葉っぱの分厚い植物なので、季節の変わり目に応じて水管理を変えてください。冬場は土の表面が乾いていたらたっぷりと。春から夏にかけては水切れが心配されますので、毎日様子を見て水管理を行ってください。


肥料のやり方

元肥として堆肥腐葉土化成肥料を土にすきこんでやってください。12月ごろに、寒肥として有機質肥料を与えます。2月頃に花肥として、それから収穫後に、即効性化成肥料を施します。


剪定方法

葉が込み合い、日当たり不足にならない程度に12~1月ごろ間引く程度の剪定をします。剪定の際は、花芽が2年目の枝の先につきますので、あまりバッサリと切り戻すと花が咲かなくなりますので注意です。


病害虫の予防法

特に心配ありません 。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事