コツクバネウツギ 黄花

● コツクバネウツギ 黄花の品種の特徴

コツクバネウツギ(小衝羽根空木)は山地の日当たりがよい林縁などに見られる落葉低木です。ツクバネウツギより花が小さいです。花は淡い黄色の小さなラッパが、細めの葉の間から覗いているかのようです。
キバナツクバネウツギ(黄花衝羽根空木・Abelia serrata var. buchwaldii)とは別種で生産者では区別しています。図鑑によってはキバナツクバネウツギと同種にしているのが多いですが、コツクバネウツギの黄花は花が小さいです。

コツクバネウツギは、萼(がく)片の数が2枚で、萼片が5枚の「ツクバネウツギ」とは区別できます。

学名
Abelia serrata スイカズラ科 ツクバネウツギ属
開花時期
5~6月
花色・大きさ・花形
淡い黄色・小輪咲き(2cm位)・ラッパ咲き
収穫時期
9~11月
最終樹高
地植え:1m ~ 2m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉低木)
栽培用途
ボーダー、グランドカバー、鉢植え、盆栽、下草、目隠し、生垣、花壇など
植栽適地
関東以南~九州
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性やや強い、
耐寒性普通、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんどつかない

コツクバネウツギ(小衝羽根空木)|黄花の育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。暑さ、寒さに強く、ほこりや風にも強く、乾燥にも強いので土質は選びません。日当たりを好みますが、日陰にも強い木です。
日当たりを好みますが、夏の高温と乾燥を避けるような場所に植えて(鉢を置いて)ください。西からの日差しをさえぎるようにします。木陰などの半日陰で風通りの良い場所が適してます。株が混み合ってきたら一回り大きな鉢への植え替えをおすすめします。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


病害虫の予防法

特に気になる病害虫はあまりでません。ごくまれに湿気が多いとつくこともあります。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事