クサボケ 黒獅子 1
クサボケ 黒獅子の苗

クサボケ 黒獅子
クサボケ 黒獅子

● クサボケ 黒獅子の品種の特徴

黒獅子(クロジシ)は紅黒色の八重咲き大輪品種で、クサボケには珍しいトゲなし品種です。(小さなトゲが出ることがあります)。

草木瓜(くさぼけ)は日本固有の落葉低木で、本州中南部、四国及び九州の山野に見られます。ボケが上に伸びて2mほどの樹高になるのに対し、枝が横に広がって草状に立ち上がるため、クサボケと呼ばれています。背が高くなりにくく、花も実も楽しめるので盆栽としても楽しめます。
また、クサボケの実は「和木瓜」とも呼ばれ、漢方になります。酸っぱいので生食には向きませんが、果実酒にすると香りがよく美味ですよ。

学名
Chaenomeles japonica Lindl. バラ科 ボケ属
別名
草木瓜、和木瓜、シドミ、ノボケ、コボケ、ジナシ(地梨)
開花時期
3~5月
花色・大きさ・花形
紅黒色・・八重咲
収穫時期
10~12月
最終樹高
地植え:0.3m ~ 0.6m 鉢植え:0.3m ~ 0.6m (落葉低木)
栽培用途
鉢植え、地植え、花壇、盆栽、寄せ植え、グランドカバーなど
植栽適地
関東~沖縄
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:普通につく
トゲの大きさ
なし
花言葉
平凡、一目惚れ、熱情、魅感的な恋、先駆者、指導者、妖精の輝き

クサボケ 黒獅子の育て方


植え方・用土

基本的には砂地を好みますが丈夫なので特に用土は選びません。日向と風通しの良い場所を好み、暑さ寒さに強い育てやすい品種です。
植えつけ、植え替えともに、早春と9月下旬~11月下旬が適期です。
地植え・・・根鉢の倍の深さと幅を掘り、堆肥や完熟の腐葉土を多めにすきこみ植えます。
鉢植え・・・赤玉土小粒を主に、鹿沼土、軽石小粒と腐葉土の混合用土を使い水はけと水持ち良くします。半日陰でも成長しますが実付きが悪くなります。


水やり

雨が当たるような場所では雨水だけで水やりは必要ありません。夏に乾燥する場合やよく乾く場所では水やりします。鉢植えでは乾燥させないように注意してください。


肥料のやり方

庭植え・・・花が咲く前と9月ころ、有機物が入った肥料をほどこします。
鉢植え・・・春から秋にかけて、油粕などが配合された有機質肥料を、定期的に置き肥をするとよいです。


剪定方法

剪定は11~12月ごろに行います。丸い芽の蕾をの付いた枝を残し、徒長枝は細い葉芽のあるところを見て3芽くらいを残し枝先切ります。伸びすぎた枝や細くて弱々しい枝は切り落とし、樹形をととのえます。


病害虫の予防法

病害虫はアブラムシやカイガラムシがつきますので、よく観察します。
見つけた時は、適宜殺虫剤を使うなどの対応をしてください。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事