万年青(オモト) 黄実

万年青(オモト) 黄実 1

● 万年青(オモト) 黄実の品種の特徴

年中青々としているから「万年青」と書きます。日陰でも育つ常緑多年草なので、グランドカバーや庭木の下草としてもおすすめです。 (関東以西であれば戸外でも越冬できます)
通常は赤い実を付けるオモトですが、こちらは黄色い実がなる選抜品種で、とても珍しくなかなか手に入らない希少品種です。黄色は風水でも金運上昇と言われますので、さらに縁起の良い感じです。
実は気温が下がり始めるとだんだん黄色く色付いていき、霜に当たるようになると綺麗な黄色になります。寒さに当てないと色付きません。直射日光や強い西日は苦手です。

「万年青(おもと)」の 歴史は古く、室町時代にはすでに縁起の良い植物としてお祝い事に使われていたようです。徳川家康が江戸城へ入城する際に万年青を床の間に大切に飾っていたという話は、ご存知の方も多いのでは? その品種は1000種以上もあり、大きさ、葉の色や模様の違いなど、奥の深い魅力的な植物です。

学名
Rohdea japonica Roth キジカクシ科 スズラン属
開花時期
4~6月頃
最終樹高
地植え:0.2m ~ 0.4m 鉢植え:0.2m ~ 0.4m (耐寒性常緑多年草)
栽培用途
鉢植え、庭植え、寄せ植え、盆栽、縁起物、記念樹、観葉植物
成長の早さ
遅い
植栽適地
東北南部~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:半日陰~日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い(-8度)、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんどつかない 害虫:ほとんどつかない

万年青(オモト)| 黄実の育て方


植え方・用土

植えつけに最適な時期は秋ですが、9月~翌年4月頃なら大丈夫です。この時期の植え付けでは根を軽くほぐし、根を広げて植えます。
冬の時期は根をいじっても大丈夫ですがやさしくです。 用土は当店の花ひろば培養土「和み」がおすすめ。夏場の日中などは日光に当ててあげてください。当店の培養土以外で育てる場合は観葉植物用の用土をお使いいただくか、水はけの良い土壌を好みます。
直射日光と多湿が苦手なので、半日陰で水はけが良い場所で育ててください。
地植えの場合は、花ひろば堆肥「極み」を使って植えていただくと良いでしょう。
植え替えや株分けは3~4月か9~10月に植え替えをします。根の土を軽く落とし、根が傷んでおれば傷んだところを切り落とします。新しい土に植え替えます。


水やり

オモトは乾燥を嫌うので、夏場の暑い時などは、水切れしないように注意してください。ただし、過湿も苦手なので、土が乾いたらしっかりと水を与えてあげてください。


肥料のやり方

肥料はほとんど欲しがりません。成育期の4~6月と9~10月に1回ずつ薄めた液体肥料を与えます。


剪定方法

2~3年で下のほうの古い葉が古い葉は枯れてくるので、枯れた部分は切り取りましょう。


病害虫の予防法

春と秋にカイガラムシやスリップスに食害されることがあるので、見つけ次第取り除いてください。
赤星病が出ることがあります。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事