ウツギ伊勢錦

● ウツギ 伊勢錦の品種の特徴

ウツギ伊勢錦は、葉に白覆輪斑が入る小葉性品種です。

ウツギの名の由来は枝の髄が空洞だから、空木(ウツギ)からきました。芽吹きも遅いことと、枝を切っても中が空洞ということから、春の芽吹き時は枯れてしまったと誤解されやすいです。
日本の山野に自生しており、初夏には花が咲きます。清楚で趣深いその様子は古くから愛され、万葉集にも登場する植物です。

学名
Deutzia × elegantissima ユキノシタ科 バイカウツギ属
別名
卯の花、ウツロギ、ウツギノハナ、サカイウツギ
開花時期
5~6月 (一季咲き)
花色・大きさ・花形
純白・小輪咲き・八重咲き
最終樹高
地植え:1m ~ 2m (落葉低木)
栽培用途
庭木、盆栽、トピアリー、鉢仕立て、寄せ植え
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
育てやすい
日照条件:日なた~半日陰、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんど出ない 害虫:ほとんどつかない

ウツギ |伊勢錦の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは10月~入梅までに行います。日当たり、水はけの良い肥沃な土壌に植えます。日陰にも強い木です。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。
鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。


肥料のやり方

庭植えではほとんど肥料は必要ありません。2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

前年生長枝に花を咲かせますので、むやみに剪定できません。しかし、放任すると樹形が乱れるので、3~4年に1度地際から20~30cmで切り戻しをし、株を更新します。


病害虫の予防法

病害虫はあまり心配いりません。アブラムシがつくことがありますが、発生したら消毒します。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事