スポンサーリンク

●品種の特徴
珍しい黄色のハマナス。

「ハマナス」は、浜茄子とも呼ばれる日本に自生する原種「ジャパニーズローズ」です。リンゴのような香りがする実、ローズヒップが楽しめます。花は清楚で美しく香りも強いです。ただ、全体的に自家結実性が低く、中でも八重咲き品種は実がつきにくい傾向にあります。
性質は強健で耐寒性も抜群、トゲが毛深いのがたまにきずですが、バラと比べると葉脈がはっきり見える点が印象的です。潮風にも強く、日本の砂地に自生する原種です。
花壇などに植えると大きく育ち、樹高は1.5mくらいになります。生育旺盛で耐寒性も強く、北海道でもよく利用されます。初心者にもお勧めの育てやすい品種です。

学名
Rosa rugosa バラ科 バラ属
別名
浜茄子(ハマナシ)、ジャパニーズローズ、ロサ=ルゴサ
開花時期
5~11月 (繰り返し咲き)
花色・大きさ・花形
黄色・・一重平咲き
香りの強さ
★★★★☆ 強香
最終樹高
地植え:m ~ 1.5m (耐寒性落葉低木)
最終葉張り
半横張り性ブッシュ
栽培用途
フェンス、ボーダー、ポール、アーチ、壁面仕立て
成長の早さ
普通
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた、耐陰性普通、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:普通につく
芽吹き時期
3~4月頃
トゲの大きさ
トゲは多い
花言葉
豊かな香り、見映えのよさ、美しいかなしみ、照り映える容色、あなたの魅力にひかれます、旅の楽しさ
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事