スポンサーリンク

●品種の特徴
モナコ公国妃のバラです。オークルの色味が入ったパステルピンクの花色がフリルがかった花弁と相まって、
とてもゴージャスな花姿です。4つの国際コンクールで芳香賞を受賞するほどです。甘く心地よい香りを楽しめます。お庭でステキな香りとゴージャスな花を咲かせてみませんか?ぜひチャレンジしてみて下さい。

ハイブリッド・ティーローズ系のバラは四季咲き、大輪系。一茎に一輪咲かせて花の見事さを楽しみます。
モダンローズの中心的存在で、バラの60%を占めます。
バラが世界中の人に愛されるようになったのはこのハイブリッドティーローズがあったからこそと言っても過言ではありません。
格調高い花形、豊富な彩りは花壇・鉢植え・切花にも良く、楽しみ方も育て方もいろいろ。木バラの代名詞でもあり、香りが強い品種が多いのが特徴です。

学名
Rosaceae Rosa ’Princess Charl ne de Monaco’ バラ科 バラ属
作出年・作出者
2014年 (フランス・メイアン社)
開花時期
5~11月 (繰り返し咲き)
花色・大きさ・花形
アンズピンク色・大輪咲き(11cm位)・波状弁抱え咲き
香りの強さ
中香 フルーツにティーにハーブ
最終樹高
地植え:m ~ 1.6m 鉢植え:m ~ 1.6m (落葉低木)
最終葉張り
半直立性
栽培用途
鉢・プランター向き、庭植え向き
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、
耐寒性普通、耐暑性普通
耐病害虫性
耐病性:普通 害虫:普通につく
芽吹き時期
3~4月頃
トゲの大きさ
1cm
花言葉
(オレンジ色のバラ)無邪気、魅惑、絆、信頼
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事