スポンサーリンク

●品種の特徴
クラシックなピンク色の花は、カップ咲きからロゼット咲きになり、花の中心にブラウンがかったピンクが現れます。耐病性も強く、樹高が1.5メートルから2.5メートルまでに育つので、アーチ、フェンス、オベリスク仕立ても可能。花の雰囲気に魅せられたローズグロアーの大野耕生氏により命名されました。

シュラブローズはブッシュローズ(木立バラ)とクライミングローズ(つるバラ)の中間的な樹形で、やや高性になるものや半つる性になるものです。鉢植えや花壇、オベリスクなど使い勝手が良いので、用途やシーンを選ばずに用いやすい品種が多いです。

学名
Rosaceae Rosa ’Robe a la francaise’ バラ科 バラ属
作出年・作出者
2012年 (日本・河本バラ園・河本純子)
開花時期
5~11月 (四季咲き)
花色・大きさ・花形
ピンク・・カップ咲~ロゼット咲
香りの強さ
微香 ティー系
最終樹高
地植え:1.5m ~ 2m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉低木)
最終葉張り
半つる性
栽培用途
鉢・プランター向け、庭植え向き、トレリス・ポール・オベリスク・アーチ・フェンス向け
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた、耐陰性普通、
耐寒性普通、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:普通 害虫:普通
芽吹き時期
3~4月頃
トゲの大きさ
1cm
花言葉
(ピンクのバラ)しとやか、上品、かわいい人
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事