品種の特徴
縁起を担ぐ、冬の果実です。 カラタチバナが漢名を「百両金」といい、
それより実が大きいものを「万両」としました。センリョウ科。マンリョウやヒャクリョウが葉の下に隠すように実をつけるのに対し、センリョウは茎の先端に開花して果実をつけます。
別名:クササンゴ


商品の形状
商品はポット苗です。ポット部分も含め高さ約0.9m位です。果実はついていません。
送料は「通常梱包」でのお届けとなり、1梱包に4本まで同梱可能。


学名
Chloranthus glaber センリョウ科センリョウ属


実の成る時期
果実12~2月


植栽適地・栽培用途
南関東~沖縄 ※寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします / グランドカバー、鉢植え、盆栽、ボーダー、花壇、寄せ植え、下草


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事