●商品について
商品は3年生接ぎ木ポット大苗です。根鉢の部分も含め高さ約110cmです。根鉢の大きさは7号(直径21cmポット)です。3年生苗とは苗木ができて3年目の苗です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ポットに植え替えた状態で夏越しした長尺大苗です。根がしっかり張っており、初心者の方にもおすすめです。幹の太さ、樹高などに若干差があります。花芽の有無は特定して販売しておりません。

※春~9月頃までは葉が茂っております。9月頃から徐々に葉っぱが黄色くなって落葉します。10月以降は葉が付いておりません。あらかじめご了承ください。

・バラ入門:初心者の方はこちら

・バラの育て方はこちら

・バラの病害虫対策はこちら

・バラの育て方Q&Aはこちら

● バラ ローズポンパドゥールの品種の特徴

鮮やかなポンパドールピンク色の深めのカップ咲きから、咲き進むにつれ、淡いラベンダーピンクのロゼット咲きに変化します。桃や梨をイメージさせる、特に魅力的な芳香品種です。香りが良いバラは花もちが悪いことが多いですが、ローズポンパドールは香りが良いのに花もちが良い代表選手。早咲きで春一番から大きめの花が咲き始めて、夏でも十分なボリュームと香りがいい。花びらもバラバラ落ちません。すぐに汚くなったり傷んだりしません。色が落ちたくらいに花柄つみをすると良いです。初冬くらいまで長く咲きます。四季咲き性が強く、花のボリュームがあるので、寒い地域では秋遅くまでたくさん花を咲かせすぎると、冬場の枝の枯れこみは多くなる可能性があります。

2011年越後丘陵公園「第5回国際香りのばら新品種コンクール」銀賞

淡い緑の枝葉は繊細に見えますが、実際は耐病性も強く、よく茂ります。うどん粉病に強いです。日本の高温多湿な気候でもうどん粉病が出にくい品種を選抜して選ばれた品種です。四季咲きのショートクライマーとして、アーチやオベリスクに仕立てたい品種。強めの剪定にも耐えるので鉢植えでも楽しめます。
品種名はロココ時代に伯爵夫人が好んだ「ポンパドールピンク」から名づけられました。

シュラブローズはブッシュローズ(木立バラ)とクライミングローズ(つるバラ)の中間的な樹形で、やや高性になるものや半つる性になるものです。鉢植えや花壇、オベリスクなど使い勝手が良いので、用途やシーンを選ばずに用いやすい品種が多いです。
シュラブローズは冬に強い剪定をして木立ちにしてもいいし、トレリスとかオベリスクに誘引しても楽しめます。どっちかといえば、トレリスやオベリスクに誘引して大きくした方が、たくさん花が咲くボリュームがある鉢植えで楽しめます。ベランダで楽しめるつるばらと言う感じです。

学名
Rosaceae Rosa ’Rose Pompadour’ バラ科 バラ属
作出年・作出者
2009年 (フランス・デルバール社)
開花時期
5~11月 (四季咲き)
花色・大きさ・花形
ピンク・大輪咲き(10cm位)・カップ咲~ロゼット咲
香りの強さ
★★★★★ 強香 レモン、アンズ、バニラ
最終樹高
地植え:1m ~ 1.5m 鉢植え:1m ~ 1.5m (落葉低木)
最終葉張り
シュラブ/横張り性
栽培用途
鉢植え、花壇、オベリスク、低いフェンス、アーチ
成長の早さ
樹勢は普通
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた、耐陰性弱い、
耐寒性弱い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:とても強い 害虫:強い
芽吹き時期
3~4月頃
トゲの大きさ
トゲは普通
花言葉
(ピンクのバラ)上品、気品、しとやか、暖かい心、恋の誓い



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事