シロヤマブキ  1
シロヤマブキ

シロヤマブキ  1
シロヤマブキ

● シロヤマブキの品種の特徴

細い枝が叢生した株に白い花を多数つけ、野趣がありつつも清楚な雰囲気があります。
茶花や生花におすすめ。秋には黒い果実がなります。
ヤマブキと名前に付いていますが、これは花や葉がヤマブキに似ていることに由来しており、ヤマブキの白花品種という訳ではありません。

耐寒性、耐暑性に優れており、丈夫な性質です。
病害虫の発生もほとんど無く、育てやすい樹木です。

学名
Rhodotypos scandens (Thumb.) Makino バラ科 シロヤマブキ属
開花時期
4~5月
花色・大きさ・花形
白・小輪咲き(3cm位)・一重咲き
最終樹高
地植え:1.5m ~ 2m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性落葉低木)
最終葉張り
1m ~ 1.5m 木立ち横張性
栽培用途
ボーダー、鉢植え、盆栽、花壇、切花、茶花、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
成長の早さ
普通 (0.3cm/年)
植栽適地
北海道南部~九州
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんどつかない 害虫:ほとんどつかない
芽吹き時期
4月頃
トゲの大きさ
なし
花言葉
気品、崇高、待ちかねる

シロヤマブキの育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは9月~入梅までに行います。寒冷地の極寒期は避けます。
肥沃な土地を好む日陰の木ですが、肥沃な土地なら日当たりでも良く咲きます。
植え付けの際は堆肥を多めにすきこみ植えます。
やや湿気のある場所を好みます。鉢植えでも大丈夫です。鉢植えでは培養土で植えてください。


水やり

庭植えの場合は、雨任せで大丈夫です。夏に乾燥が続くようなら水やりをして下さい。
鉢植えの場合は用土がよく乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

2月に寒肥を株周りに堆肥と油かすなどを多めに埋め込みます。


剪定方法

自然に樹形が整うので、剪定の基本は間引き剪定です。込み入った箇所の枝を株元から取り除き、全体のバランスを整えます。
シロヤマブキは一本の枝の寿命が短い樹木で、古枝になると勢いがなくなってきます。
3~4年程度経過した古い枝を基部から切り取って、株元から勢いよく伸びるひこばえで更新して下さい。


病害虫の予防法

病害虫はほとんどつきません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事