●椿「西王母(セイオウボ)」の特徴

中輪の柔らかな桃色のツバキです。ぼかしたようにピンクの弁先が退色し、桃のように暖かな色合いの大きめの花になります。早いものでは9月頃から咲き始め、翌年の3月頃まで先続くので、冬のお庭で明るい花色を見せてくれます。

椿は欧米でもオリエンタルな人気。世界中で愛されている花木です。
花のない時期に美しい花を咲かせます。和風なイメージがありますが、花色の工夫次第で洋風ガーデンにもよく合いますよ。
切花でも楽しめ、茶花や一輪挿しにも使えます。

●苗木の形状
商品は白鉢苗です。丈夫な接木苗です。鉢部分も含め約0.6~0.8m前後くらいです。この商品は1梱包4本まで同梱できます。

学名
Camellia japonica ツバキ科ツバキ属
最終樹高
3~8m 常緑中高木
開花期
9~4月
日照条件
日向~半日陰
植栽適地
関東以南
育てやすさ
樹勢強、耐暑性強、耐寒性中、耐病性強、耐陰性あり
栽培用途
鉢植え、生垣、庭植え、工場緑地帯、学校、公園、花壇、切り花など

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事