シャラノキ ヒメシャラ

● シャラノキ ヒメシャラの品種の特徴

ヒメシャラ(姫沙羅)はすっきりとして繊細な印象を受ける樹形と可憐な白い花、鮮やかな紅葉など四季を通じて美しい姿を楽しませてくれます。
シャラノキ(夏椿・ナツツバキ)の近縁種で、シャラよりも葉も花も小さいです。ヒメコブシ(姫コブシ)、ヒサカキ(姫サカキ)など、花や葉、樹形が小さいものは、「姫なになに」、と名前になる植物が他にもあります。
シャラノキと同じく、明るい幹肌が印象的で洋風ガーデンにも良く合います。樹勢はシャラノキよりもさらにおとなしく、自然と樹形も整うのでお庭のシンボルツリーにおすすめです。
ツバキに似た白い花やつややかな赤褐色の樹皮、さわやかな緑色の葉っぱは見る人に華やかな印象を与えてくれます。新緑・花・幹肌・紅葉・・・どれをとっても美しい魅力満点の木です。

初夏に咲き続けるシャラの白花は清楚で、お庭を静謐に演出してくれます。シャラの木は「沙羅の木」「夏椿(ナツツバキ)」、地方によっては木肌が似ていることから「サルスベリ」と呼ばれることもあるんですよ。
夏の西日を嫌うので、西日が当たらない場所に植えてください。夏の西日が当たっている部分だけ枯れたりします。自生地では大木になりますが、宅地などではさほど大きくなっているのは見かけません。ちょうどよいサイズで収まります。ツバキ科の中でも珍しい落葉樹です。

学名
Stewartia monadelpha ツバキ科 ナツツバキ属
別名
サルタノキ
開花時期
6~7月頃
花色・大きさ・花形
白・小輪咲き(2cm位)・一重
最終樹高
地植え:5m ~ 10m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性落葉高木)
最終葉張り
2m ~ 4m 直立性
栽培用途
地植え、シンボルツリー、目隠し、鉢植え、盆栽、寄せ植え、目隠し、花壇、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
成長の早さ
やや遅い (50cm/年)
植栽適地
東北地方~沖縄
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた~日陰、耐陰性強い、
耐寒性やや弱い、耐暑性普通、耐乾性やや弱い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:強い
芽吹き時期
4月
花言葉
愛らしさ、謙虚

シャラノキ ヒメシャラの育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは11月~入梅までに行います。東北以北では春植えをおすすめします。
日当たり、肥沃な土が理想です。夏の強い日差しを嫌うので、少しでもいいので西日をさえぎるものがある場所に植えます。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。 鉢植えでも大丈夫です。半日陰でも生育は良好です。乾燥防止のマルチングがおすすめです。


肥料のやり方

ほとんど必要ありませんが、植え付け後2~3年たってもほとんど成長がない場合は、2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

ほとんど必要なく、自然に樹形が整います。樹形を乱す枝を取り除く程度です。剪定をする場合は冬にお願いします。
幹の太みが出て、ある程度大きく育つと幹の皮がめくれ、美しい模様を見せるようになります。


病害虫の予防法

病害虫はほとんどつきません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事