ニューサイラン ピンクストライプ 1

ニューサイラン ピンクストライプ 2

ニューサイラン ピンクストライプ 3

● ニューサイラン ピンクストライプの品種の特徴

「ピンクストライプ」は明るいシックなチョコレートカラーの葉とピンクに染まる縁取りが美しい品種です。寒さにもある程度耐え、耐暑性にも優れており育てやすいです。やや太さのある葉がゆったりと伸びるさまはシェードガーデンの名わき役にも。

ニューサイランはスッキリした形の葉が人気で、オーナメントプランツとしても活躍してくれます。地面からシュッと鋭い葉っぱをたくさん生やすニューサイラン。葉っぱの色のバリエーションが豊富で、庭やお部屋のカラーリーフとしても人気です。葉の姿が美しいので園芸植物として庭園などで観賞するほか、葉を折り曲げたり、裂いたりしてアレンジしやすいことから、生け花やフラワーアレンジメントなどに利用することが多いようです。夏に、葉の間から長い花茎を伸ばし、暗赤色もしくは黄色の花穂をつけます。葉は、クリーム色や黄色の斑入りのほか、銅葉や紫葉、赤葉など多彩で、多くの園芸品種があります。寄せ植えのアクセントとしても◎。

学名
Phormium Pink Stripe リュウゼツラン(ススキノキ)科 フォルミウム(マオラン)属
開花時期
6~8月
最終樹高
地植え:0.6m ~ 0.8m 鉢植え:0.6m ~ 0.8m (常緑低木)
栽培用途
鉢植え、寄せ植え、庭植え、観葉植物等
植栽適地
関東以南~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、
耐寒性普通(-8度)、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんど出ない 害虫:ほとんどつかない

ニューサイラン |パープレア ポット苗の育て方


植え方・用土

日陰にも強いですが、日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。鉢植えでも大丈夫です。地植えの際は、水はけの良い土壌で植えてください。通水性、排水性を向上させるため、堆肥と一緒にパーライトを混ぜると良いです。鉢植え栽培の際は、培養土を使って植えてください。


水やり

夏場は水を欲しがる植物なので、毎日 土の表面をチェックしてください。特に鉢植え栽培の際は、水切れに注意が必要です。


肥料のやり方

早春から夏の間までは、月に1回、化成肥料を株周りに与えてください。


剪定方法

基本的にあまり必要ありませんが、常緑樹ですので、春以降は 葉の生え変わりなどで、葉色が悪くなります。
悪くなった葉を落とす程度の軽めの剪定で大丈夫です。古い葉を落とす常緑樹特有の性質ですので、葉色が悪くなった場合でも、品質等には問題ありません。また、2月以降に剪定すると、花芽まで落としてしまうことがあるので、剪定を行う場合は、花後が良いです。


病害虫の予防法

ほとんど出ません




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事