● ネムノキの品種の特徴

ネムノキの花は薄いピンク色で羽毛のようにやわらかく、心を和ませてくれます。花の毛先のほうがピンク色になります。
オジギソウやミモザに似た葉は柔らかく涼し気。夏を涼しくしてくれます。生育は旺盛で樹勢も強いです。

ネムノキ(合歓木)は、羽根のような繊細な葉と羽毛のような花、盛夏にも涼しげな姿が人気の花木です。適温なら一年中花を咲かせることもあるようです。
夜、小葉が眠るように葉を閉じるので「ネムノキ」と呼ばれるようになりました。
漢字名の「合歓木」は、中国でネムノキが夫婦円満の象徴とされているからつけられたそうです。結婚の記念樹に縁起が良さそうです。

学名
Albizzia Julibrissin Durazz. マメ科 ネムノキ属
別名
ネム、ネブタノキ、合歓、夜合樹、シルクフラワー、ネブ
開花時期
6~7月頃
花色・大きさ・花形
薄いピンク・小輪咲き・球形
最終樹高
地植え:5m ~ 10m 鉢植え:1m ~ 2m (半常緑高木)
最終葉張り
2m ~ 6m 立ち性
栽培用途
鉢植え、地植え、生垣、花壇、記念樹、シンボルツリー
成長の早さ
早い
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~日陰、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:強い
花言葉
胸のときめき、歓喜、創造力

ネムノキの育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では真冬の植え付けは避けます。
水はけの良い土壌ならどこでも育ちます。鉢植えでも大丈夫です。やせ地でも育ち、土質は選びませんが、乾燥を嫌うので、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。日当たりを好みますが、夏の西日の強くあたる乾燥しやすい場所よりは、半日陰のほうがよく育ちます。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。
鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。休眠期の冬は水やりは控えめにしてください。


肥料のやり方

2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が切れると葉色が悪くなります。


剪定方法

萌芽力が弱いので強い剪定は避けます。無駄枝を剪定するのは落葉期(2月上旬~3月下旬)に行います。
自然に枝を伸ばして育ててたい樹種のひとつです。 剪定する場合は切る位置は枝の根元から切ります。


その他栽培や性質の注意点

※寒冷地では鉢植え栽培をおすすめします


病害虫の予防法

あまり病害虫は心配ありません。時々つくようですが、経験上大発生して困ったことはありません。1~3匹毛虫がのそのそ枝を這っているのを見つけたことがある程度です。
カイガラムシ予防には落葉期に石灰硫黄合剤を散布します。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事