1

西洋イワナンテン ルコテー マキアージュ

● 西洋イワナンテン ルコテー マキアージュの品種の特徴

「ルコテー マキアージュ」は、季節ごとに葉っぱの色が変化し、一年を通して楽しめるとても魅力的な葉っぱです。春から初夏には花も咲く不思議なコンパクトな常緑樹です。
耐病性に優れ、斑の入りも安定しています。暑さ寒さにも強く直射日光下でもよく育ちます。低温期になると淡い紅色に紅葉します。
お庭や花壇を彩るアクセントとしておすすめです。
鉢植え、寄せ植え、花壇、お庭のアクセントなど用途も豊富です。 日当りが良い場所で管理する事で葉っぱの色が鮮明になります。

イワナンテンはツツジ科の植物で花が小さく、栽培されているのは、厚く光沢のある常緑の葉をもつセイヨウイワナンテンです。主に枝が弓状に伸びる葉が観賞されます。日陰にも耐え、丈夫で育てやすく、病害虫も少ないため、中型のグラウンドカバーとして利用が広がっています。斑入り品種や矮性品種などカラーリーフとして楽しむことができます。

学名
Leucothoe fontanesiana ‘Makijaz’ ツツジ科 イワナンテン属
開花時期
4~5月 (一季咲き)
花色・大きさ・花形
小花
最終樹高
地植え:0.3m ~ 0.5m 鉢植え:0.3m ~ 0.5m (常緑低木)
最終葉張り
m ~ 1.0m 
栽培用途
グランドカバー、鉢植え、盆栽、記念樹、ボーダー、花壇、生垣、工場緑地帯、街路樹、学校、公園、ゴルフ場
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性普通、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:ほとんど出ない

西洋イワナンテン|ルコテー マキアージュの育て方


植え方・用土

水はけの良い、肥沃な土壌に植えます。寒さにも暑さにも強い植物です。
日当りを好みますが、2時間~3時間の日光でも大丈夫です。日陰でもよく育ちます。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

1月ごろに寒肥として有機肥料を与えます。
開花後にお礼肥えとして油粕化成肥料を二握り程度与えます。


剪定方法

あまり行わず、自然な樹形を活かします。2月頃に細い枝や枯れ枝を間引く程度です。


病害虫の予防法

あまり病害虫はつきません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事