● ツゲ クサツゲの品種の特徴

草柘植(くさつげ)は枝葉が密生し、葉は明るい黄緑色で光沢があります。樹高50~60cm位の低木で枝が込み合い自然な樹形が魅力。やわらかい葉もかわいらしいです。
冬から早春は葉色は紅葉してベージュ色になります。

自然な感じで育ててもかわいいし、小枝をたくさん出して密生するので、樹形を色々な形に仕立てて楽しめます。
葉が柔らかくてイヌツゲやボックスウッドに比べて柔らかい印象に仕上がります
刈り込みに強くボーダーガーデン、グランドカバーなど用途は多彩です。芝生の縁取りや洋風ガーデンによく合います。


クサツゲのボーダーと花壇

クサツゲのボーダーと玉竜のグランドカバー
クサツゲのボーダーと玉竜のグランドカバー

クサツゲのグランドカバーと玉竜の縁取り
クサツゲのグランドカバーと玉竜の縁取り

クサツゲの冬の葉色
冬は濃い緑葉~ややベージュが買った紅葉を見せます。

学名
Buxus microphylla ツゲ科 ツゲ属
別名
ヒメツゲ
開花時期
6月頃
花色・大きさ・花形
白・小花(0.3cm位)
最終樹高
地植え:0.3m ~ 0.5m 鉢植え:0.3m ~ 0.5m (耐寒性常緑低木)
最終葉張り
0.2m ~ 0.7m 
栽培用途
鉢植え、地植え、グランドカバー、生け垣、ボーダー、トピアリー
成長の早さ
遅い (0.1cm/年)
植栽適地
東北以南~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、土壌酸度:弱アルカリ性
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:普通
芽吹き時期
5月

“クサツゲ”の育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。水管理だけ気をつければ通年植え付けができます。酸性土壌を嫌う性質はあるので、鉢植えなら培養土で、地植えなら堆肥を使って植えて、年1~2回くらいの割合で苦土石灰を株周りにまいてアルカリ土壌にすると良いです。
日陰にも強いです。良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。土質は選びませんが、花ひろば堆肥“極みや完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。


水やり

雨が当たる環境で地植え(露地栽培)の場合、よほど乾く場所でなければ水やりは必要ありません。鉢植えでは土が乾いたらたっぷりと与えます。


肥料のやり方

2月ごろに寒肥として鶏ふんと腐葉土や花ひろば堆肥“極みを株周りに穴を掘り与えます。
酸性土壌を嫌う性質があるので、年に2回くらい、株周りに苦土石灰をまいてください。


剪定方法

特に剪定は必要ありません。樹形が乱れたり、込み合うような枝を取り除く程度です。
刈り込みにも強いです。


病害虫の予防法

春~秋にハマキムシがつくことがあります。まめに観察して、葉が食害されていないか注意します。ハマキムシが発生したらマラソン乳剤などで駆除します。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事