●品種の特徴
ツツジ科の常緑低木で、秋~初冬にアセビやドウダンツツジに似た、小さな花を房状に咲かせます。花が終わると、ほぼ一年かけてイチゴのような(というより、むしろヤマモモ似の)果実が実ります。秋頃に黄緑色の果実がつき、最終的には赤色に熟します。花の時期と、昨年の果実の熟期とが重なり、花と果実が同時に目を楽しませてくれます。果実は食用になり、ジャムや果実酒に利用できます。収穫は秋ごろです。ヤマモモと違い、1本でなるのもうれしい。植え付け後はほとんど手がかかりません。これだけボリュームがあって高さもある大苗ですので、ぜひシンボルツリとして自宅の記念樹にお使いください!
別名:ストロベリーツリー、アルブツス ウネド。

●果樹苗の形状
商品は根鉢も含めて1.4m前後の根巻き大苗です。基本的に花や果実はついておりません。この品種は1本で結実します。
商品は通常梱包1梱包に2本まで同梱可能です。(※この商品は西濃運輸でのお届けとなります。そのため、北海道、沖縄、その他離島へのお届けができかねます。)

植栽適地
南北海道~沖縄
開花時期
11~12月頃 (果実は1~2月頃)
最終樹高
3m前後 耐寒性常緑低木
栽培用途
鉢植え、盆栽、記念樹、目隠し、花壇、街路樹、シンボルツリー、生垣など
学名
Arbutus unedo ツツジ科アルブツス属
育てやすさ
初心者に超おすすめ、耐暑性強、耐病性強、害虫がつきにくい、日陰に強い、耐乾性強、やせ地に強い、刈込に耐える

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事