品種の特徴
シマヒイラギは斑入りヒイラギ(フイリヒイラギ)とも呼ばれる、緑葉に斑が入る品種です。東日本南部から九州、沖縄などに自生することから「シマヒイラギ」と名付けられたと言われています。モクセイ科の花木で、鬼門に植える魔よけの木としても有名で、葉の縁にはトゲ状のギザギザがあります。厚めで光沢のある葉は、緑の葉に明るいクリーム色の斑が縁取られるように入り、優しく柔らかい印象を与えます。10月~11月ごろになると、葉の付け根に隠れるようにこっそりと白い小さな花を咲かせます。花は同じモクセイ科のキンモクセイに似た容姿(花色は白色)で、若干ですが甘い香りがあります。丈夫で刈り込みに強く、洋風のお庭にもよく合います。さらに葉のトゲは、素手で触ると結構痛いので、防犯としても役に立ちます
こちらは、約1~1.5mの生垣用セットとなります。何本植えればいいの?と困る必要がありません!


商品の形状
商品は「シマヒイラギ 根巻き苗」4本セットになります。根巻き部分を含めて約0.6m前後くらいです。基本的に花は付いていません。秋~春は寒さで葉が傷んだり、落葉しやすくなっていることがあります。
通常梱包1梱包1セットまで同梱可能となり、他の商品との同梱はできません。(小梱包でのお届けはできません。)


学名
Osmanthus heterophyllus 'Variegatus'  モクセイ科モクセイ属


別名
斑入りヒイラギ (フイリヒイラギ)


開花時期
10~11月ごろ 白花


花言葉
用心深さ、先見の明、剛直


最終樹高
1~2m 前後 耐寒性常緑低木


植栽適地
北海道南部~沖縄


育てやすさ
耐陰性強、耐暑性強、耐病性強、刈込に耐える、病害虫に強い


栽培用途
生垣、目隠し、庭植え、鉢植え、魔除け、グランドカバー、カラーリーフなど


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事