トキワエゴの葉

トキワエゴの葉

● 常緑エゴノキ トキワエゴの品種の特徴

エゴノキは落葉樹が多いのですが、「トキワエゴノキ(常葉えごのき」は常緑品種 です。冬になっても落葉して丸坊主になりません。花も落葉性のエゴと趣が異なり、長いおしべがあり、花弁は外側に丸まっています。上向きに可愛らしい香りがある白い花を咲かせます。常緑性で花が美しい数少ない樹種です。
葉は5cmくらいで大きく、光沢があり細長で、常緑ヤマボウシに葉の形は似ています。寒さに当たるとワインレッドに紅葉します。幹が黒く、コントラストも美しいです。耐寒性はあまり強くないので、冬~春のお届けでは葉が傷んでいる場合があります。関東以南では露地栽培で越冬できます。寒冷地では鉢植えをお勧めします。
『エゴノキ』は毎年、シンボルツリーとして人気が高い苗木です。直立性なので狭いスペースでもお勧めです。
調べていますが、学名がわかりません。だれかご存じの方がいたら教えてください。

学名
調査中 エゴノキ科
開花時期
5月中旬~6月
花色・大きさ・花形
白・小輪咲き(2cm位)
香りの強さ
☆☆☆☆ 微香
最終樹高
地植え:4m ~ 5m 鉢植え:1m ~ 2m (常緑小高木)
最終葉張り
2m ~ 3m 直立性
栽培用途
庭植え、シンボルツリー、鉢植え、切花、茶花、街路樹
成長の早さ
遅い
植栽適地
関東以南~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性やや弱い、耐暑性強い、耐乾性やや弱い
耐病害虫性
耐病性:ほとんどつかない 害虫:ほとんどつかない
芽吹き時期
4月
トゲの大きさ
なし

常緑エゴノキ (トキワエゴノキ)の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは11月か春3~5月に行います。秋から冬に移植してあるものは春からは細かな根が出ていますので、春から夏でも植え付けは可能です。
日当たり、水はけの良い肥沃な土壌に植えます。やや湿り気のある土壌が好み。バーク堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けします。
鉢植えでも大丈夫です。鉢植えでは黒土にバーク堆肥などを混ぜた、腐植質の多い通気性と保湿性に優れた土か、培養土で植えます。鉢植えは用土の通気性を確認し、2~3年に1回植え替えます。


水やり

庭植え、鉢植えともに水切れには注意します。乾燥すると葉が上面側に反り返ります。
庭植えでは雨任せでも大丈夫です。よほど雨が何日も降らない日が続かなければ大丈夫です。


肥料のやり方

2月に寒肥として乾燥鶏糞を与えますが、よほどやせた土壌でない限りあまり必要ありません。


剪定方法

あまり行わず、自然な樹形を生かします。2月頃に細い枝や枯れ枝を間引く程度です。


病害虫の予防法

あまり病害虫はつきません。剪定で風通しを良くして、樹幹内部まで日あたりがあるとよいです。
褐斑病やさび病、うどん粉病がつくことがあります。
アブラムシがつくとエゴノネコアシと呼ばれる独特の虫こぶ(ちゅうえい)ができたりします。テッポウムシの被害があるので、注意です。
病害虫の発生しやすい4月~10月は定期的に殺虫剤や殺菌剤を散布します。テッポウムシはテッポウムシ予防樹脂フィルムを塗るとよいです。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事