p> 

黒百合 (クロユリ)

●品種の特徴
イングリッシュガーデンなどに多用され、海外ではポピュラーな花です。
花つきがよくやさしい雰囲気の花姿は、それだけでも十分素敵ですが、柔らかな色彩でどんな花とも合わせやすい点も魅力です。明るめのシェードガーデンにおすすめの多年草です。切花としても大変人気があり、観賞価値も高いです。

とても丈夫な性質で全国各地で栽培可能です。大株に育てると数え切れないほどの花を咲かせてくれます。乾燥に弱いので水切れに注意が必要です。

●商品の形状 
こちらの商品は宿根草を絵袋詰めしたものです。ポットに植えられた苗ではございません。お届け後は、庭植え、または鉢植えにしてお楽しみください。
商品は1袋【1株入り】です。小梱包で5袋まで同梱可能。通常梱包で50袋まで同梱可能です。

開花時期
5月~8月
栽培用途
鉢植え、庭植え、切り花
草丈
50~80cm前後
原産地
日本、中国、北アメリカ
耐寒性・耐暑性
耐寒性:強、耐暑性:普
育てやすさ
育てやすい 日陰~半日陰の庭
日当たり・用土
真夏の直射日光で葉焼けを起こすので、半日陰の場所が適しています。
用土は、排水性と保水性の良い土壌に植え付けます。植え付け時に腐葉土を混ぜておくと、花つきが良くなります。
植え付け
植え付けは秋~春植えがおすすめです。地植えは株が混み合ってきてだんだんと花つきが悪くなるので3年~4年に1回植え替えを行います。鉢植えはできれば毎年新しい土で一回り大きな鉢に植え替えましょう。
水やり・肥料
鉢植えは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
地植えも乾くようならしっかり水を与えるようにします。特に、春先や夏場はしっかりと乾き具合をチェックします。

肥料は春に芽が出はじめた頃と花が咲き終わった後に化成肥料などを与えます。併せて、1週間に1回液体肥料を施すとよいでしょう。
管理方法
どちらかと言うと涼しい気候を好みます。日当たりのよい場所で育てる場合は、夏は日陰に鉢を移したり、株元をマルティングして根を乾燥から守るなどの工夫をすると管理しやすくなります。高温期に乾燥すると株が弱るので注意が必要です。
耐寒性は高く全国で栽培可能です。秋になって地上部が枯れたら、地際で刈り取って下さい。寒さに当てないと花芽がつかないので冬場も屋外で管理します。
病害虫
アブラムシやハダニが発生します。見つけ次第、駆除してください。梅雨時は、灰色カビ病や黒斑病にかかりやすくなります。殺菌剤で予防してください。



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事