● ゼラニウム レモンゼラニウムの品種の特徴

ゼラニュームの香り+レモンの香りが楽しめる品種です。

ゼラニウムの中でも、ハーブゼラニウムと呼ばれるセンテッドゼラニウムは、品種ごとの多種多様な香りが魅力です。普通のゼラニウムと比べて、花や葉が小さく全体的に素朴で繊細な雰囲気が楽しめます。常緑性なので冬でも室内で楽しめます。用途は幅広く、ハーブティやクッキー、料理(葉は凄まじく苦いためあくまで香りづけとして)、その他クラフトなどに活用できます!

学名
Pelargonium crispum フウロソウ科 テンジクアオイ属
別名
センテッドゼラニウム、カトリゼラニウム、香料ゼラニウム、ニオイゼラニウム、レモンペラルゴニウム
開花時期
4~7月
花色・大きさ・花形
ピンク・小花(0.5cm位)
最終樹高
地植え:m ~ 0.7m 鉢植え:m ~ 0.7m (常緑低木)
最終葉張り
立性
栽培用途
鉢植え、庭植え、寄せ植え、グランドカバー、ボーダー、花壇、切り花
成長の早さ
早い
植栽適地
九州~沖縄
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた~半日陰、土壌酸度:弱アルカリ性
耐寒性やや弱い、耐暑性やや強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:普通 害虫:ほとんどつかない
芽吹き時期
3~4月頃
花言葉
尊敬、真の友情、信頼

レモンゼラニウム |ポット苗の育て方


植え方・用土

暑さ・寒さに弱いため鉢植えでの管理をお勧めします。南アフリカ原産の植物ですが、日本の夏の暑さにはめっぽう弱いです!最低気温が25度を上回ると途端に夏バテを起こします。夏は、涼しい半日陰に移動させましょう。その分、冬に強いかといったらそうでもなく、霜や寒波の到来でダメになることも、、、。春と秋以外は、明るい室内で管理した方が無難です。春や秋なら日向に移動させても大丈夫ですよ。広島県より南なら戸外での越冬も可能かも?過湿を嫌うので水はけを良くする赤玉:腐葉土=7:3に、pHは弱酸性に調整しましょう。植え替えは1~2年に一度の頻度で行います。


水やり

過湿を嫌うため乾燥気味に管理します。ゼラニウムは根の吸い上げが悪いため、表面が乾いていても中に湿気がこもっている場合があるため、鉢植えで育てている場合は水のあげ過ぎに注意します。


肥料のやり方

春から秋の時期にかけて花を咲かせるため、この生育期に液体肥料を1~2週間に1回与えるようにしましょう。


剪定方法

放任すると伸びすぎて倒れたり、下葉が枯れて見苦しくなります。込んでくると蒸れるので、梅雨の前に1/3くらいに刈り込みをします。
冬になったら地際で枝をバッサリと刈り込み、鉢植えは霜の当たらないところに移します。


その他豆知識

~~健康に育てる秘訣~~

(1.適材適所)
植物を健康に育てるためには、環境に適したものを植えることが大切です。 住んでいる地域の気候の特徴を考え、庭の日照、風通、排水性などを考慮し、無理なく育つ植物を選びます。
※排水性UPには「パーライト」をご使用下さい。保水性UPには「腐葉土」をご使用下さい。
(2.連作をしない)
同じ種類の植物を同じ場所に何年も植えていると、連作障害を起こすとともに、その植物に被害を及ぼす同一の病害虫の密度が高まります。
(3.水やり、肥料の過多(特にチッ素肥料))
軟弱に育ち、病気に対する抵抗力がなくなります。株間を適切にとり、切り戻しや間引きなどを行い、日当りと風通しを良くすることが大切です。
(4.花がらをこまめに摘み取る)
花がらが茎葉に付着した状態で雨に当たると、灰色かび病(ボトリチス病)を発生させます。花がらをつけておくと種がつき、株も消耗します。なるべく早く摘み取ります。
(5.雑草を放置しない)
雑草は風通しや株元への日照を妨げ、病害虫を発生しやすくするだけでなく、土壌の養分も横取りします。


増やし方

挿し木、種まきで増やすことが出来ます。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事