ハーブのイメージ

● ミント ペパーミントの品種の特徴

「ペパーミント」はスペアミントとウォーターミントの交雑種です。ミントのなかでもメントールの成分が入っているため、ピリッとするほど強い清涼感があります。7~8月になると、葉の上のほうに小さな薄紫色または白色の花を咲かせます。多くの匍匐茎が伸び、茎は直立します。すっきりとした香りの葉は、生葉をミントティーにしたり、料理やお菓子の彩り、アロマなどに利用できます。
ミントの仲間の中では寒さに強いため日本全国で地植えでの越冬が可能です(冬は地上部は枯れます)

ミント全般に言えることですが、地下茎でどんどん繁殖する強健なハーブです。地植えにする際は、広がりすぎないよう手立てをしてから植えましょう。
ミントの楽しみ方は、色々あります。
【飲食用】ハーブティー、肉料理・焼き菓子の香りづけ、シロップ漬けなど
【香料用】アロマテラピー、ポプリ、入浴剤など
【園芸用】グラウンドカバー(ものすごく増えます)
【虫よけ・コンパニオンプランツ】クモ、蚊、ハエ、ノミ、アリ、蚊の幼虫、ダニ、ねずみ、ペットのノミよけに
【うがい薬や口臭予防に】 ミントの品種によって利用方法は異なりますので、注意が必要です。

学名
Mentha x piperita L. シソ科 ハッカ属
別名
コショウハッカ、セイヨウハッカ
開花時期
7~8月
花色・大きさ・花形
薄紫色または白色・・集合花
最終樹高
地植え:0.6m ~ 1m 鉢植え:0.6m ~ 1m (宿根草)
栽培用途
鉢植え、庭植え、寄せ植え、花壇、切り花、グランドカバー、ボーダーなど
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:半日陰、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:やや強い 害虫:ほとんど出ない
花言葉
美徳、効能

ハーブ| ペパーミント ポット苗の育て方


植え方・用土

風通しと水持ちの良い場所を好みます。日が当たらないと葉の色や香りが弱くなりますが、直射日光に弱く葉焼けしてしまうため、半日陰で管理します。
生育が旺盛ですので、鉢植えで管理する場合は1~2年に一度植え替えをします。丈夫ですので、その際株分けして増やすことも可能です。大きくしたくない場合は、株を整理するにとどめます。北海道や東北などは鉢植えで管理すれば育成可能です。


水やり

鉢植えは土が乾いたらたっぷりと与えます。地植えは根着いてしまえば水やりしなくても大丈夫ですが、夏場の高温期などは乾燥しすぎないよう十分に注意しましょう。


肥料のやり方

肥料はあまり必要ありません。鉢植えでしたら花が咲き始めたら一株あたり、固形肥料2gほどで充分です。3ヶ月を目安に与えますが、庭植えですとほとんど必要ありません。


剪定方法

ミントは生育が旺盛です。ただし長く伸びると、下葉が枯れ、見栄えと葉の質が落ちていくため、定期的に半分から三分の一程度剪定を行います。時期に決まりはありませんが、多湿になる梅雨の時期の前に一度剪定するのが良いでしょう。
冬越しの際は、地際で思いっきり剪定し、冬の休眠に備えましょう。


病害虫の予防法

日頃の観察が大切で、害が広がらないように早めの防除や対策を心がけて下さい。環境や種類選びによってもかなり減らすことができます。また、同一品種を多く植えるのではなく、いろいろな品種にハーブなどを加えて混植することも対策の一つです。
※害虫よけには、「ニーム核油かす」を適量お使い下さい。
(1.適材適所)
植物を健康に育てるためには、環境に適したものを植えることが大切です。 住んでいる地域の気候の特徴を考え、庭の日照、風通、排水性などを考慮し、無理なく育つ植物を選びます。
※排水性UPには「パーライト」をご使用下さい。保水性UPには「腐葉土」をご使用下さい。
(2.連作をしない)
同じ種類の植物を同じ場所に何年も植えていると、連作障害を起こすとともに、その植物に被害を及ぼす同一の病害虫の密度が高まります。
(3.水やり、肥料の過多(特にチッ素肥料))
軟弱に育ち、病気に対する抵抗力がなくなります。株間を適切にとり、切り戻しや間引きなどを行い、日当りと風通しを良くすることが大切です。
(4.花がらをこまめに摘み取る)
花がらが茎葉に付着した状態で雨に当たると、灰色かび病(ボトリチス病)を発生させます。花がらをつけておくと種がつき、株も消耗します。なるべく早く摘み取ります。
(5.雑草を放置しない)
雑草は風通しや株元への日照を妨げ、病害虫を発生しやすくするだけでなく、土壌の養分も横取りします。


増やし方

挿し木




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事