● パパイヤ 石垣珊瑚の品種の特徴

石垣珊瑚は、「ワンダーブライト」の自然交配した実生を選抜育成したもので、耐暑性を備えた矮性品種です。また単為結果性を有する雌性系統であるため、豊産性で周年生産が可能。 種無しで甘みが強く、香りが良いパパイヤです。
熟した実は赤みの強いオレンジ色で、繊維感がないとても柔らかい果肉が特徴の新感覚のパパイヤです。表面が全体的にオレンジ色になったら食べ頃。少し早めに収穫してしまった時は室温で置いておくと追熟します。 冷やしてレモン汁をかけて食べるのオススメの食べ方だそうですよ。

元祖トロピカルフルーツといえば、「ぱぱいや」。別名「木瓜(もくか)」「乳瓜(ちちうり)」とも呼ばれています。スーパーで果実が販売されていることが希にありますが、ほとんどがハワイやフィリピンからの輸入物です。
家庭栽培を行う際は、必ず鉢植え栽培をおすすめします。12度以下で生長が止まるので、10月下旬から4月までの期間は室内で栽培してください。

糖度が高くフルーツとして食べるパパイヤ。青果なら野菜の炒め物としても楽しめる。

学名
Carica papaya パパイア科 パパイア属
別名
木瓜(もくか)、乳瓜(ちちうり)、万寿瓜(マンジュマイ)、パウパウ、ママオ、ツリーメロン
作出年・作出者
1997年 (沖縄県石垣市・農林水産省国際農林水産業研究センター)
交配親
ワンダーブライトの自然交配した実生を選抜育成
収穫時期
7月~11月
果実の大きさ
☆☆☆☆小実 840g
甘さ
平均糖度:13.8度
果実の用途
生食、ジュースなど
結果年数
2~3年
自家結実性
1本でなる
最終樹高
地植え:1.5m ~ 3m (常緑多年草)
成長の早さ
早い
植栽適地
日本全国(原則、鉢植え栽培)
育てやすさ
日照条件:日なた、耐陰性やや弱い、土壌酸度:弱酸性
豊産性あり、耐寒性やや弱い(6度)、耐暑性普通、耐乾性やや弱い
耐病害虫性
耐病性:ほとんど出ない 害虫:ほとんど出ない
花言葉
燃える思い、純愛

パパイヤ の栽培暦

パパイヤ 石垣珊瑚の育て方


植え方・用土

■苗の植え付け適期:4~6月が適期です。
 (水や温度管理に気を付ければ植え付け自体はいつでも可能です)
■植え付け場所:日当たり、水はけの良い肥沃な場所で管理します。

【鉢植えでの管理】
鉢植えの植え付けの際の土壌は、花ひろば培養土をお使いください。鉢植えの際、号数は10号サイズが良いです。家庭栽培の場合、鉢植え栽培を推奨しております。

【地植えでの管理】
1年草の野菜のように収穫を目指すなら地植えで育てるのもありです。4月頃植え付けるならたっぷりと堆肥をすき込んだ後、2週間ほど前からマルチングをし地温をあげておきます。植え付け後は小さな苗を守るため「苗帽子」などで風や冷気から保護します。もしくはできるだけ大苗を植えること。パパイヤは加湿を嫌うので、排水性の良い土壌改良をしたり、また難しい場合はかさ上げして植え付けます。(水はけが悪いと途端に生育不良になります)

【地植えから鉢植えへの管理】
寒くなる前に鉢上げし室内での管理に移行するのも一つの方法です。5度以下になると枯れる恐れ場あるため暖房が効いた室内がいいでしょう。


水やり

乾いていたら、たっぷり水を与えてください。あまり水を欲しがる植物では無いので、土が乾いてから与える習慣がベストです。夏場は乾きやすいので、土の表面を毎日チェックすると良いです。開花結実時期は、乾燥に注意し、水を切らさないようにしてください。
冬は乾燥気味に管理します。


肥料のやり方

生育適温の23~28度になると生育旺盛になり、成長と結実が同時進行で進むので、肥料が切れないように、3月下旬~11月の間は月1回程度、緩行性化成肥料を与えましょう。リン酸が少し多めの肥料がオススメです。


剪定方法

剪定は基本的に行いません。樹形を乱す不必要な枝を落とす程度で大丈夫です。


その他栽培や性質の注意点

家庭栽培を行う際は、必ず鉢植え栽培をおすすめします。12度以下で生長が止まるので、10月下旬から4月までの期間は室内で栽培してください。


その他豆知識

パパイヤは、12℃以下で生長が止まります。
収穫目安は開花後60~120日くらいです。(着果時~収穫までの気温で変化します)


病害虫の予防法

アブラムシが発生しやすいので、ベニカ水溶剤を散布すると良いです。日当たりや風通しが悪いと、うどん粉病が発生しやすいので気をつけましょう。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事