スポンサーリンク

●品種の特徴
連作障害とは?
「連作障害」とは、同じ科の野菜や花を同じ場所で繰り返し栽培することで、生育不良になったり、収量が落ちてしまう障害のことです。その原因は、
◼︎植物によって養分の吸収量が異なるため、連作すると土中成分に片寄りができる
◼︎作物自らの根から分泌される毒素による影響
◼︎それぞれの植物につきやすい特定の病原菌などが土壌に増殖する

などが主な原因です。 回避の方法は作物を植える場所を毎年次々と変えて、最低でも数年間は同じ作物を作ることを避けなければなりませんでした。

連作障害を防止する特殊光合成細菌「菌の黒汁」
この連作障害を解決するのが“光合成細菌”の働きに着目して開発された菌体資材「菌の黒汁」です。
光合成細菌とは文字どおり光合成を行う細菌で、もともとは田んぼの土着菌で、ドブや下水処理場などどこにでも存在する強い菌です。空気中の窒素固定をしながら増殖する光合成細菌は、植物にとって極上のアミノ酸肥料と言えます。さらに、光合成細菌をエサとする放線菌は、土壌病害を引き起こすカビの一種「フザリウム」を抑える働きがあります。このように光合成細菌を加えることで、有効細菌群が増加し土壌環境が改善されていくのです。特に活発な光合成細菌だけを特殊な技術で培養したのが「菌の黒汁」に使用される「特殊光合成細菌」です。
独自の製造技術で作られた「菌の黒汁」は透明でコハク色。巨大なタンクに貯められたコハク色の液体は、上から見ると黒く見えるので「菌の黒汁」 と名づけられました。

素早い効果と水に薄めてまくだけの手軽な使用法に絶賛!
使用した多くの方がまず驚くのが、効果が現れるスピード。
通常こういった菌体資材の効果を実感するには少なくとも半年から1年はかかるのに対し、わずか2~3週間、回数にして2~3回の施用で根張りの違いや連作障害改善の効果を実感できます。さらにどの成育ステージからでも使用できるので、植え付け時に施用しなかったからといって手遅れになることもありません。
「使い方が面倒くさいのは苦手」という方にも「菌の黒汁」はオススメです。仮に濃く、多くの回数を使用したとしても濃度障害が起きず土壌のバランスを壊すことが無いので、水で500倍程度に希釈だけすればあとは多少大雑把な使い方をしてもしっかりと役目を果たしてくれます。

商品
液肥 【有機JAS対応資材】
商品の内容量
100ml
適応植物
野菜、果樹、花、水稲、芝、観葉植物など、すべての植物
使用有効期限
有効期限はありません。
注意点
こちらの商品は液体肥料です。飲み物ではありませんので、口に運ばないようにしてください。お子様の手の届かないところで管理・保管してください。
万が一、お子様が飲み込んでしまった場合、水で口を洗い流し、速やかに医師の診察を受けてください。
うっかり目に入ってしまった場合も同様に、目をこすらず、水で綺麗に荒い流したのち、速やかに医師の診察を受けてください。
製造元
日本製 / 詳しい製造メーカーはパッケージに記載してあります。


定植後4週目の比較


①堆肥と元肥を混ぜ、しっかり耕す。(花ひろば堆肥「極み」や石黒ソイルは元肥を混ぜずにそのまま使えます)


②菌の黒汁の500倍希釈液をたっぷりと与えます。与える目安は1坪(タタミ2枚分)あたり、希釈液量が2リットルです。


③一週間後、種まきや定植後に500倍希釈液を水遣りのように与えます。


【500倍希釈液の作り方】10リットルの水にキャップ約一杯分の菌の黒汁を入れます。仮に濃いめになっても濃度障害は起きません。さっと混ぜましょう。その後は、作物の様子を見ながら1~2週間に一回、500~1000倍希釈液を収穫まで3~4回与えます。与え方は株元を中心に根の周りにしっかりと届くようにたっぷりと与えます。植物に直接かけてもOKです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事