1

ボケ 錦葉

ボケ 錦葉 3

● ボケ 錦葉の品種の特徴

「錦葉」は、新芽が鮮やかな紅斑で、後に白散斑が入る美しい葉のボケです。

ボケは、庭木として古くから親しまれる花木で、春に梅のような丸みのある可愛らしい花を咲かせます。もともとは中国原産のため日本の気候にもなじみやすく、丈夫な性質で初心者でも育てやすいことから、鉢植えや盆栽としても楽しまれています。

学名
Chaenomeles speciosa バラ科 ボケ属
別名
木瓜、モケ,、ヨドボケ
開花時期
不明
花色・大きさ・花形
不明・・不明
最終樹高
地植え:2m ~ 3m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性落葉低木)
栽培用途
地植え、鉢植え、盆栽、生垣、シンボルツリーなど
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性やや強い、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:普通につく
花言葉
先駆者、指導者、妖精の輝き

ボケ|錦葉の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは8~11月がベスト!春先でも植えつけてもよさそうです。
有機質に富んだ肥沃な水はけの良い土地を好みます。
堆肥をすきこんだ土に浅めに植え付けします。
鉢植えでも大丈夫です。鉢植えでは培養土で植えてください。日当たりを好みます。


水やり

乾いていたら与える程度で大丈夫です。与え過ぎにはご注意ください。


肥料のやり方

開花前の2月に寒肥として乾燥鶏糞を与えます。花後に化成肥料を少々与えます。


剪定方法

花芽は夏に上がるので、花芽のついた枝を良く見極めて、伸びすぎた枝を11月頃に切り詰めます。葉芽がないとその枝は枯れこむので、葉芽も必ず残します。ひこばえは生え際から取り除きます。


病害虫の予防法

地植えや鉢植えの場合、病害虫の発生しやすい4月~10月は定期的に殺虫剤や殺菌剤を散布します。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事