ハナイカダ 銀葉 1

● ハナイカダ 銀葉の品種の特徴

銀葉が特徴の美葉品種です。銀葉のハナイカダはオスになります。通常のハナイカダと比べてうっすらと葉が銀色をしています。葉色が薄いという感じかも。はっきりしたシルバーリーフではありません。
初夏に葉の上に小さな小花がかたまって咲きます。

花筏(はないかだ)は桜のようにギザギザした葉で、葉の上(主脈の真ん中)に花をつけ、8月~10月ごろに果実を実らせます。
雌株には雌花が、雄株に雄花が咲く雌雄異株なので、果実はメスにしかなりません(近くにオス木も必要です)。果実7~9mmほどで、最初は青く、だんだん黒く艶やかな色になります。まるで、黒い真珠が葉の上に乗ったような神秘的な感じ。果実が面白い雌株も人気ですが、オスの花は活花や茶花で人気です。
果実は生食や果実酒に、春から初夏にかけて出る新芽は天ぷらなどにも楽しめます。加熱すると松茸のような香りがあります。

ハナイカダは昔から大好きな植物でして、毎年生産者さんの苗を探すのですが、なかなか入荷できないレアキャラです。マニアックな品種です。

学名
Helwingia japonica ミズキ科 ハナイカダ属
別名
花筏,ママッコ、ヨメノナミダ、ヨメナノキ、ツキデノキ、ママコナ、ママコノキ
開花時期
4月~5月
花色・大きさ・花形
淡緑色・(0.5cm位)
自家結実性
一本でならない(雌雄異株)(オスのハナイカダには果実はつきません。)
最終樹高
地植え:1m ~ 2m 鉢植え:1m ~ 2m (落葉低木)
最終葉張り
1m 株立ち半蔓状
栽培用途
庭植え、雑木、鉢植え
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:半日陰~日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性やや強い、耐乾性普通
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:強い
花言葉
気高い人、嫁の涙

ハナイカダ|銀葉の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは落葉期の11月~入梅までに行います。水はけと水保ちの良い、ふかふかの湿り気のある土壌に植えます。腐葉土などをすき込んであげてください。
日当たりよりも、少し日陰になるところを好みます。日あたりでも育ちますが、強い日差しのもとでは葉が見苦しくなります。乾いた寒風は避けるようにしてあげてください。


水やり

湿り気があるのが好きなので、乾いてきたらたっぷり水を与えてください。夏場の乾燥などには気をつけてあげてください。


肥料のやり方

肥料はあまり必要ありません。2月くらいに寒肥として腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

そのままでも良いです。剪定を行う場合には、込み合う枝を落としたり、風通しを良くする剪定を行います。


病害虫の予防法

特に気になる病害虫はいません。風通しを良くして、見かけたら対応してあげてください。


増やし方

実生、株分け、挿し木




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事