スギ 鳳凰 1

● スギ 鳳凰の品種の特徴

黄緑色の細葉が特徴の珍しい品種です。希少すぎて詳細がわからない

スギ(杉)は、日本各地の山地などに自生している日本固有種です。 木材として利用するために植林されており、日本人には馴染みの深い植物です。常緑樹ですので一年を通して緑の葉を付けていてくれます。放任すれば大きくなってしまうので剪定は欠かせませんが、風情のある植物ですので育ててみてください。
スギ花粉による花粉症に悩まされている方も多いでしょうが、盆栽として育てるのであれば、花が咲くことは殆どないそうです。

学名
Cryptomeria japonica ヒノキ科 スギ属
別名
スギノキ、オモテスギ
開花時期
3~4月頃
収穫時期
10月頃
果実の用途
観賞用??
最終樹高
地植え:30m ~ 50m 鉢植え:1m ~ 2m (常緑針葉樹)
栽培用途
庭木、鉢植え、盆栽、生垣 など
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性普通
耐病害虫性
耐病性:ほとんど出ない 害虫:ほとんどつかない
花言葉
雄大、堅固、堅実、葉、あなたのために生きる、君のために生きる

スギ(杉) |鳳凰の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けが最適なのは春と秋です。10月~梅雨期間中までに、真冬の厳寒期を避けて行います。
保水性の高い肥沃な土壌を好みますので、花ひろば堆肥“極み”や完熟腐葉土、有機肥料や緩行性の化成肥料などを混ぜ込んだ土壌に植えます。
日当たりと風通しの良い場所を好みます。耐陰性はありますが、日当たりが悪くなるにつれ、葉色が本来の美しさを発揮できなくなります。


水やり

水をよく欲しがりますので、夏の乾燥に注意です。特に植付けから2~3年はしっかりと水やりをしてください。ただし、高温多湿を嫌いますので、水やりは朝涼しい時間に行います。


肥料のやり方

肥料はしっかりと与えたほうが、生育が良くなり美しくなります。2月ごろに寒肥として有機肥料や緩行性の化成肥料を与えます。ただし、あげ過ぎると枝葉が徒長します。


剪定方法

大きくなりやすく、樹形をコンパクトに保つためには年に数回の剪定を行います。
剪定後は葉が茶色く痛みます。ですので、剪定は新芽が出る前の2~3月に行うのがベストです。新芽 の伸びが止まる6月頃は、必要に応じて弱めの剪定なら大丈夫です。


病害虫の予防法

病害虫はあまり発生しません。
湿度が高いとウイルス病などの病気が発生しますが、発生したら、病気の箇所を早急に取り除きます。スギドクガの幼虫に食害されることがありますので、農薬散布などで予防しておくと安心です。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事