シャラ アメリカ フランクリニア」の特徴
アメリカのジョージア州原産で自生地では絶滅した貴重な樹種です。和名はアメリカツバキ。椿は寒い時期に咲きますが、この「フランクリニア」は夏咲きです。花は一重咲きの椿によく似ています。秋には美しい紅葉が楽しめます。

明るい幹肌が印象的で洋風ガーデンにも良く合います。この品種は樹勢もおとなしく、自然と樹形も整います。新緑・花・幹肌・紅葉・・・どれをとっても美しい魅力満点の木です。8~9月の長期間にツバキに似た白い花と秋の美しい紅葉が楽しめます。

病害虫もほとんど無く、剪定も姿を乱す枝を切り詰める程度でよい。お庭のシンボルツリーにおすすめです。

別名:西洋シャラ、フランクリンアラタマハ、フランクリニアアラタマハ

(10年以上ぶりに入荷できました。店長が植木屋デビューした頃に一目惚れした大好きシャラ。画像も10年以上前に昔のデジカメで撮影しました。あまりに認知されていなかったのでまったく売れずに生産終了になったのですが売れなくてもいい。取り扱いたかった品種です。)

●苗木の形状
商品はポットも含め高さ40cm位の苗木です。
1梱包に23本まで同梱可能です。

学名
Franklinia alatamaha ツバキ科フランクリニア属
植栽適地
南東北~沖縄
最終樹高
3~5m 落葉高木
開花期
8~9月
花色
育てやすさ
育てやすい:耐病性強、耐寒性強、日陰に強い、病害虫はほとんどつかない
栽培用途
鉢植え、盆栽、ボーダー、寄せ植え、目隠し、花壇



この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事