木蔦 斑入りキヅタ 1

木蔦 斑入りキヅタ

● 木蔦 斑入りキヅタの品種の特徴

斑入りきづたは葉に美しい白深覆輪斑(ふくりんふ)が入る矮性品種です。

キズタは日本全国に見られるつる植物です。常緑性のものを冬蔦(ふゆづた)とも言います。茎から多数の不定根を出して、他の樹木や岩、石垣などを這い登ります。

学名
Hedera rhombea ウコギ科 キヅタ属
別名
冬蔦(フユヅタ)
開花時期
10-12月
花色・大きさ・花形
黄緑色
最終樹高
地植え:1m ~ 1.5m 鉢植え:1m ~ 1.5m (常緑つる性)
最終葉張り
つる性
栽培用途
地植え、花壇、鉢植え、寄せ植え、壁面仕立て、盆栽、苔玉、グランドカバー
植栽適地
本州~九州
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた~日陰、耐陰性強い、
耐寒性強い、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:ほとんどつかない 害虫:ほとんどつかない
芽吹き時期
4~5月頃

木蔦 斑入りキヅタの育て方


植え方・用土

基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。寒冷地では12月~2月の極寒期は避けます。
水はけの良い、肥沃な土壌に植えつけます。堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に植え付けします。鉢植えでは培養土で植えます。
日当たりを好みますが、2~3時間以上の日光で大丈夫。半日陰の場所でも育ちます。


水やり

雨が当たる場所に地植えする場合、水は雨水だけで十分です。よほど雨が降らない時期や、乾きやすい場所の場合は土が乾いてきたらたっぷりと与えます。
剪定は不要枝を間引くくらいです。


肥料のやり方

肥料は2月に寒肥として油かすと腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


病害虫の予防法

病害虫はほとんどつきません。




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事