スポンサーリンク

●品種の特徴
シラカシの白富士は季節によって明るい白が入るとても珍しいシラカシです。
一番の魅力は春の新緑で、新しい葉は透き通るような真っ白な葉になります。遠目では花が咲いているようです。季節が進むとハダニの葉?と見間違いそうになる掠れたような葉色になることもあります。
珍品なので、小さな苗しか流通していません。盆栽や寄せ植えで楽しむカラーリーフです。
生産元でもどんぐりの実がつく姿を見たことがありません。

樫(カシ)は縁起が良い木です。表にカリンを植え、裏にカシを植えると、「金は借りんが、裏から貸す」でお金がたまる木だと言われます。ダジャレみたいです。日陰にも耐えるので、裏にカシを植えるとよいです。関東地方では防火用にカシを生垣樹に使っていたとのことです。

学名
Quercus myrsinaefolia ブナ科 コナラ属
開花時期
4月~5月
花色・大きさ・花形
黄色・小花
最終樹高
地植え:3m ~ 10m 鉢植え:1m ~ 2m (耐寒性常緑中高木)
最終葉張り
2m ~ 5m 直立性
栽培用途
鉢植え、目隠し、生垣、花壇、寄せ植え、盆栽、シンボルツリー、カラーリーフ。
成長の早さ
早い
植栽適地
東北~沖縄
育てやすさ
★★★☆☆ 育てやすい
日照条件:日なた~日陰、耐陰性強い、
耐寒性普通、耐暑性強い、耐乾性強い
耐病害虫性
耐病性:普通 害虫:普通
芽吹き時期
4月
花言葉
勇気、力、長寿

シラカシ | 白富士 (しろふじ)の育て方


植え方・用土
基本的に植え付けは10月~入梅までに行います。常緑性のものは5~6月の植え付けが良いです。日当たりの良い水はけの良い肥沃な土壌に植えます。土質を選ばない丈夫な木ですが、堆肥をよくすきこんだ土に浅めに植え付けします。鉢植えでも大丈夫です。耐寒性も強く丈夫で栽培は容易ですが、若木のうちは寒さで葉が傷みます。移植を嫌うので、植え付け時は枝葉を減らして植えるのが良いです。根張りも良いので水道管など地中埋設物付近への植栽は注意が必要です。強風で倒木した際に根が配管類を持ち上げて破損する恐れがあります。


水やり
基本的に雨任せで大丈夫ですが、植え付け1年目の4月中旬~梅雨入り頃までの期間は水切れに注意です。こまめな水管理をおすすめします。


肥料のやり方
肥料は2月ごろに寒肥として油かすと腐葉土や堆肥を株周りに穴を掘り与えます。肥料が多いと良く茂り、葉が大きくなります。


剪定方法
常緑性のカシ類は梅雨明けの頃に剪定します。放任すると大株に育ち、葉がわさわさに茂ります。目的の高さに達したら芯を止め樹高を抑制します。上に伸びる不要な徒長枝は生え際で切り、茂りすぎた枝を必要な数だけ残して間引き剪定します。残した若枝は枝先から2~3枚葉を残して枝先を切ります。切った痕から芽が伸びて小さな葉をつけます。剪定の時期を逃した場合でも剪定してもいいですが、寒がるので冬の剪定は控えます。


病害虫の予防法
比較的病害虫はつきませんが、風通しが悪いとうどん粉病やアブラムシ、イラガがついたりします。建物の側など風通しが悪い場所では病害虫に注意です。定期的に剪定をして風通しを良くするとよいです。浸透移行性殺虫剤のオルトラン粒状を株元に撒いて予防とするのが効果的です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事