スポンサーリンク

●品種の特徴
花弁の外側がピンク、内側が白で黄色のしべが可愛いお花です。一季咲きの つるバラなので、春に豪快に咲かせたい品種ですね。強健な品種なので、半日陰くらいでも育ちます。耐病性もあります。秋には赤いローズヒップが風景を彩ります。

ハイブリッドムスクは病気に比較的強いバラが多いです。他の植物とも合わせやすく、ンパクトに育てやすいので家庭園芸向きです。

学名
Rosaceae Rosa”Francis E.Lester” バラ科 バラ属
作出年・作出者
(アメリカ・Lester Rose Gardens・1946)
交配親
Kathleen × 実生
開花時期
5月 (一季咲き)
花色・大きさ・花形
ピンク・小輪咲き(4cm位)・丸弁一重咲き
香りの強さ
微香
最終樹高
地植え:m ~ 2.5m 鉢植え:m ~ 2m (耐寒性落葉低木)
最終葉張り
つる性 / 半横張り性
栽培用途
鉢・プランター、庭植え、オベリスク、トレリス、ポール、壁面、フェンス、アーチなど
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、
耐寒性普通、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:やや強い 害虫:普通につく
芽吹き時期
3~4月頃
トゲの大きさ
1cm
花言葉
(ピンクのバラ)しとやか、上品、かわいい人
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事