スポンサーリンク

●品種の特徴
数輪の房咲きになり、株の根元に近いほうから花をつけ、株全体を覆うように咲きます。樹勢のまとまりも良く、うどんこ病、黒星病ともに非常に強いため、育てやすく管理も楽なので、初心者にもオススメです。
1980年オルレアン国際コンクール金賞受賞

フロリバンダローズはアメリカで名づけられた系統で、「花束」の意味です。木立の中輪咲きとも呼ばれます。ハイブリッドティーと花付き、耐寒性が良いポリアンサローズの交配で開発されたモダンなガーデンローズのグループです。

学名
Rosaceae Rosa ’La Sevillana’ バラ科 バラ属
別名
Sevillana、Sevillana、Meidiland
作出年・作出者
1978年 (フランス・メイアン社)
交配親
[(MEIbrim × Jolie Madame) × (Zambra × Zambra)]      × [(Tropicana × Tropicana) × (Poppy Flash × Rusticana)]
開花時期
5~11月 (四季咲き)
花色・大きさ・花形
朱赤・中輪咲き(7cm位)・半八重平咲き(9~16枚)
香りの強さ
なし
最終樹高
地植え:m ~ 1.4m 鉢植え:m ~ 1.4m (落葉低木)
最終葉張り
横張り性
栽培用途
鉢・プランター向け、庭植え向け
植栽適地
日本全国
育てやすさ
★★★★★ 初心者に超おすすめ
日照条件:日なた、耐陰性やや弱い、
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:とても強い 害虫:強い
芽吹き時期
3~4月頃
トゲの大きさ
1cm
花言葉
(赤いバラ)、あなたを愛してます、愛情、美、情熱
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事