●品種の特徴
玄海ツツジはシャクナゲの仲間で、ツツジの中ではもっとも早く開花する早咲き品種です。そのなかでも「光源氏」は、二重から八重咲きの珍しい品種です。早いと3月中旬から開花が始まり、紫からピンクの色をした花弁が、重なり合ってふんわりと咲きます。花が枝の先にまとまって、まるでぼんぼりのようで、重なり合う花弁がゴージャスさと清楚さを持ち合わせています。二重から八重咲きの玄海ツツジは珍しく、市場ではあまり出回らないので、人気も高い珍しい落葉性ツツジです。

●商品の形状 
商品は高さ0.6m前後の根巻き苗です。落葉期は葉は基本的についてませんが、春に芽吹きます。花芽や花は基本的についておりません。
1梱包に6本まで同梱可能です。

学名
Rhododendron mucronulatumvar. ciliatum ツツジ科ツツジ属 玄海躑躅
最終樹高 / 最終葉張り
1~2m 落葉低木 / 1~2m
開花期
4月~5月ごろ
花色
パープルピンク (紫系) 二重~八重咲き
植栽適地
東北~九州 ※寒冷地では鉢植えでの管理をおすすめします。
育てやすさ
初心者におすすめ、樹勢強、耐寒性強、耐暑性強、病害虫に強い

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事