ピンクバナシモツケ

● テマリシモツケ ピンク花シモツケの品種の特徴

鉢植えでも庭植えでも楽しめる丈夫な下草です。落葉ですがキレイな葉を持つ名脇役です。花そのものはけっして派手さはありませんが、他の植物を生かすけなげさを持ちます。 お庭のグランドカバーにも最適です。

冬は落葉して枯れ枝になり、淋しい感じがしますが、春から秋は魅力一杯なので、きっと大好きな植物にしていただけます。

シモツケの和名は下野(しもつけ)の国(現在の栃木県)にちなみます。育てやすくて大きくならず、観賞期間もとても長い、特に初心者におすすめの花木です。

学名
Spiraea japonica f. albiflora バラ科 シモツケ属
開花時期
6~7月頃
花色・大きさ・花形
ピンク
最終樹高
地植え:0.6m ~ 1.0m 鉢植え:0.6m ~ 1.0m (落葉低木)
最終葉張り
m ~ 0.5m 
栽培用途
鉢植え、庭植え、花壇、切り花など
成長の早さ
遅い (10cm/年)
植栽適地
北海道南部~沖縄
育てやすさ
★★★★☆ 初心者におすすめ
日照条件:日なた~半日陰、耐陰性強い、土壌酸度:弱酸性
耐寒性強い、耐暑性強い
耐病害虫性
耐病性:強い 害虫:強い
花言葉
無駄なこと、整然とした愛、努力、自由気まま

ピンクバナシモツケ|桃花下野の育て方


植え方・用土

基本的に移植や植え付けは、厳寒期を除く11月~入梅までに行います。葉のついている時期に、植え付けをする場合は、根をいじらないようにそっと植え付けます。
あまり乾燥しない肥沃な土壌を好むため、堆肥や完熟の腐葉土をすきこんだ土に浅めに植え付けしましょう。鉢植えでも大丈夫です。3時間程度の日照の、やや日陰の場所でも、適切に肥料を施せば十分生長します。


水やり

夏の暑い時期は水切れを起こしやすいので、たっぷり水を与えてあげてください。


肥料のやり方

開花前に2月に寒肥として油かすと腐葉土堆肥を株周りに穴を掘り与えます。


剪定方法

剪定せずに放任しても美しい自然樹形を作ります。古い枝を更新するために2~3年に1度2月ごろに刈り込みをし、枝の更新をします。
シモツケの花芽は、その年の春に伸びた枝につくので、剪定は花後から翌年の3月頃まで行えます。


病害虫の予防法

病害虫はほとんど見られませんが、近年の気候変化でアブラムシが発生する年もあるようです。発生したら消毒及び駆除しましょう




この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事